« 新人市長は元SEX教団。経歴をどう生かすのか。 | トップページ | 2月の記憶がありません。 »

2011年1月31日 (月)

優勝おめでとう!三洋電機ラグビー部

サッカーアジアカップで日本が優勝したため、翌日のラグビートップリーグ プレーオフ決勝の記事は小さい。群馬の上毛新聞だけが地元紙のプライドを見せている。

三洋電機ワイルドナイツが創部から51年、初めてトップリーグ単独制覇を成し遂げた。

三洋は、社会人時代を含めてリーグ決勝に12回進出し、11敗。95年にサントリーと引き分けで両チーム優勝となったが、トライ数で負けて日本選手権出場を逃していため、初制覇の喜びより勝ちきれない悔しさのほうが残っていた。

プレーオフ決勝の相手は、因縁のサントリーだった。試合当日の朝、三洋の飯島均監督はミーティングで歴代決勝戦の映像を選手に見せた。5分ほどの映像には、失点シーンと選手の涙だけが流れていた。

試合は、前半リーグ最多得点のサントリーに3対9とリードされるが、後半開始から新人ロック西原忠佑を投入して流れを変え、3トライを奪って逆転。サントリーは終盤、2トライで追い上げたがリーグ最少失点の三洋が5点差で逃げ切った。

ノーサイドの笛が鳴ると、真っ赤に染まる応援席が揺れた。小雪が紙吹雪のように舞い散る中、試合後のインタビューで、指導者として4度、選手として4度、決勝で涙を飲んできた飯島監督は語った。

「51年かかりました。やっと届きました」

三洋電機は4月にパナソニックの完全子会社となるため、「三洋ラグビー部」としては最初で最後の単独制覇となった。

Photo

2010年1月30日(日)

トップリーグプレーオフ決勝
三洋電機ワイルドナイツ 28—23 サントリーサンゴリアズ

(東京・秩父宮ラグビー場)

|

« 新人市長は元SEX教団。経歴をどう生かすのか。 | トップページ | 2月の記憶がありません。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/50738058

この記事へのトラックバック一覧です: 優勝おめでとう!三洋電機ラグビー部:

« 新人市長は元SEX教団。経歴をどう生かすのか。 | トップページ | 2月の記憶がありません。 »