« ファミマ30周年CMに、OASIS「Whatever」はアホ。 | トップページ | 世界にひとつのクソCM。日清カップヌードル »

2011年1月 6日 (木)

グーグルはCMで何がしたいの?

0d4c6ea3

たのしくて、かわいくて、いいじゃない。と思っていたんだが、美大や美術専門学校のアーティスト志向のバカが卒業制作でやりそうなネタを毎回見せ続けることにどんな意味があるんだろう、と最近は思う。グーグルのCMである。

毎回「3へえ」くらいの感想を持たせてくれて、目ざわりでもなんでもないんだが、だいぶビジネスに組み込まれた大人になったからか「だから何?」と素直に感動できない。普通の人がぜったいやんないアーティスティックなことをCMで見せつけてくれるんだが、どうしてテレビでおしゃれな見世物やってくれるんだろうと思う。

CMの最後は、
「Googleで、もっと」
とだけ、言っている。わからん。
いや、もっと使ってほしいのは、わかるんだ。

でも、たかが検索エンジンである。そんなことしねえよ、そこまでヒマじゃねえよ、と心のどこかで思っていまうわけだ。こーゆー企業にとって、先進的イメージを保つことは大切なことだと思うけれど、アーティスト感あふれるオシャレ臭い世界に、疲れてくる。ケータイのまるで使わない機能を、大々的に宣伝されているような他人事感。おっさんだからかな。

そしてこれは非常に個人的な意見かも知れないが、飾らないシンプルなトップページが好きだった俺にとって、googleが急に気取り出したようで苛立ってくる。簡単に言うと「グーグル調子こいてきたな」である。クリエイティブな美的感覚もいいけどさ、本来の魅力って機能美じゃなかったっけ。

L_d1641663eb8e44098dc9659ee8e53881

こんなこと、たのしそうだけど、
やんないし、やりたくもない。

ムダを省いてきたGoogleが、ムダを増やそうとしているように見えるわけだ。アートに偏ると、イメージのバランスが悪い。ソフトバンクのターゲット多彩なCMに見習うべき。テクノロジーに、ぬくもりをくれ。

なんだろうな、この気持ち。スッピンでもかわいかった子が、ケバくなってるとガッカリする、あの感じに近い。よけいなお世話なんだろうけど、あーあ、って思う。

|

« ファミマ30周年CMに、OASIS「Whatever」はアホ。 | トップページ | 世界にひとつのクソCM。日清カップヌードル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/50511611

この記事へのトラックバック一覧です: グーグルはCMで何がしたいの?:

« ファミマ30周年CMに、OASIS「Whatever」はアホ。 | トップページ | 世界にひとつのクソCM。日清カップヌードル »