« 秀吉にライバル出現!応援職員が出馬へ | トップページ | ファミマ30周年CMに、OASIS「Whatever」はアホ。 »

2010年12月 9日 (木)

最近のこと

海老蔵の記者会見が終わった。結果としては海老蔵の勝ち。知りたいことに答える記者会見ではなく、海老の言いたいことだけを言う謝罪会見になったわけだから。誰が負けたのかといわれると、テレビは視聴率を稼いだから、負けてるはずはない。

だが記者会見の限界は見えた。記者会見の「記者」って何だろうな。正しくは芸能リポーターの予定調和会見である。茶番以下の見世物。海老蔵には仇討ち&お家騒動を元に現代歌舞伎に仕立て上げて、「海老蔵忠臣蔵」でも作ってほしい。年末に討ち入れ。

さて、最近のCMである。

相変わらずジョージアは、浅はかに金を使う。ダウンタウンのエメマンバトルCM。明日があるさ、から10年経ったことにも驚きだが、そのセンスの劣化は甚だしい。吉本が「エメマン派」と「微糖派」に分かれバトル 。誰が興味あるんだ、そんなの。

世間の吉本に対する温度は、そこまで高くない。ダウンタウンの勢力争いとその金魚の糞の物語。お茶の間より芸能界というものを意識した軽薄なCMを作りつづけることがジョージアのアイデンティティになりつつある。今回も「ああ、またジョージアが芸能人で遊んでるよ」と思った。エンターテイメントの底が浅い。

Photo

「明日があるさ」から10年、ジョージアにもう明日はない。

|

« 秀吉にライバル出現!応援職員が出馬へ | トップページ | ファミマ30周年CMに、OASIS「Whatever」はアホ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/50253212

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のこと:

« 秀吉にライバル出現!応援職員が出馬へ | トップページ | ファミマ30周年CMに、OASIS「Whatever」はアホ。 »