« 14度目の正直か。羽柴秀吉、夕張市長選へ。 | トップページ | 最近のこと »

2010年11月26日 (金)

秀吉にライバル出現!応援職員が出馬へ

このままでは夕張が秀吉の天下になってしまう!と危機感を抱いたのか、夕張の市民グループが対抗馬を擁立した。今年の3月まで東京都から応援職員として派遣されていた鈴木直道さん(29)である。来春の夕張市長選が熱くなってきた。

ただ、若造である。29歳、来年30だとしても、千葉市長の熊谷俊人は31歳だから、全国最年少市長を塗り替えることになる。どれだけ応援職員として実務で貢献したか知らんが、夕張という財政再建団体がやるべきでっかいこと「破綻の原因究明」と「責任追及」なんて若造に出来るのか知らん。

炭坑がやばくなって観光に暴走した前市長や市会議員、補助金あげるからハコもの作ったり、観光投資をもっとやれ!と自治体をあおってきた国、そして借金させて金利でぼろ儲けした銀行、炭坑を閉山して土地や家や病院などを夕張市に「後はまかせた!」といって押し付けた北炭、、、倒産の戦犯と貸し手というやり手の敵を追い込んでいく豪腕が必要だと思うんだが。

鈴木直道さんを擁立した市民グループとやらは、そこらへんを放棄したとしか思えない。つつましく事務レベルでちょこちょこ削減してどうなるっちゅう話でもないんだよ。外部に頼むくらいなら、ぜんぶ見えてる市議が引き継ぐのがスジだろうが、現職の藤倉さんを見てて、相当イヤになったんだろう。人脈とかコビとか神経フルに使って、攻められたりしてきつすぎる。割に合わなすぎる仕事ではある。

だから、市長やろうと思うだけで凄いんだろうな。羽柴秀吉と鈴木直道。ふたりがどんな公約を上げてくるのか気になるところ。秀吉は前回同様「石炭の露天掘り」だろうか。まず秀吉は、夕張で露天掘りは不可能だという常識を誰かに教えてもらわないと勝ち目はない。今回は、教えてもらえるだろうか。

|

« 14度目の正直か。羽柴秀吉、夕張市長選へ。 | トップページ | 最近のこと »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/50136521

この記事へのトラックバック一覧です: 秀吉にライバル出現!応援職員が出馬へ:

« 14度目の正直か。羽柴秀吉、夕張市長選へ。 | トップページ | 最近のこと »