« 1250年ぶりですね。 | トップページ | 時代おくれの肯定。氷川きよしの「白鶴まる」 »

2010年11月 9日 (火)

エグザイルは、複合型商業施設。

ブログで好き勝手なこと垂れ流すなよ、と怒る人がいる。批判するくらいなら観なけりゃいい、と怒る人もいた。怒る価値があるんだな、と受け止めたら、さらに怒られた。俺、怒られてばかりである。ほとぼりが冷めたので、また垂れ流す。


ブログを見張られている間、「世界バレー」が始まっていた。今年は、脱税戦隊エグザイルがプレゼンを勝ったようだ。ひとりひとりのバラ売りで、なんとか名前を覚えてもらおうと必死になっているエグザイルと、ジャニーズより安くて人気あって扱いやすいタレントいないの?というテレビ局の思惑が重なったんだろう。


近年、エグザイルは、どんどんジャニーズ化している。と、いうよりジャニーズと戦うために、じっくり力を蓄えている。DA PUMPの二の舞にならないように、慎重に積み重ねているんだろう。


「最近、もうかってるそうじゃない?」


「イヤイヤイヤ、ぜんぜんっすよ。
 ジャニーズさんほどじゃないっす。
 うちらはアイドルじゃないんで
 それほどでもないっすよ。」


と、見せかけておいて、じわりじわりとジャニーズ化。冠番組やCMや演劇や下部組織まで。しかも、ジャニーズの高止まりしたギャラに対して、反感が増している機運をうまくつかんでいる。ドラマの主役をつかんだら、もう追いついたと思っていいだろう。いやはや、策士である。「大手に負けない組織づくり」という意味で、サラリーマンにとって参考にすべき生き方がある。


中小企業が大組織に立ち向かうには、特定領域ではエキスパートで、先端技術の一部では浅いながらも対応可能なスキルセットを持つことが必須だと言われている。まさにエグザイルさんを見ているようである。大手百貨店ジャニーズと複合型商業施設エグザイルの差を見ているような感じ。生き残るビジネスである。男にとっちゃ、どっちもくだんねえ集団だがな。


バレーの話もしとこう。

今のところ、バレーは興行になっている。見世物である。そこは全然、悪くない。よくここまできた、というべきだと思う。ジャニーズやエグザイルなどの香具師を使って、効果的に裾野を広げた。バレーの興行化を危惧する声もあるだろうが、女子バレーのことだけを言うと、いいことだと思う。VリーグにジャニーズJrを派遣するべきだとさえ思ってる。


視聴率至上主義だ!と怒る人がいると思う。でも、女性は元来スポーツなんて興味ない。コンサート感覚で観れるスポーツにしてしまうことが、今のところのバレーの成功。嫌悪感の正体は、テレビ局がいつものように視聴率だけをもくろんだ商業主義が見え隠れしてるだけだと思う。


だって、本当に人気を上げたかったら、強くなるしか方法はない。スポーツにおいて、強さの持続が本当の人気である。ジャニーズやエグザイルに頼るなよ、という理屈は、強くなってから言えること。バレー協会に問われているのは、私腹を肥やさず、強化費を効果的に使うことだと思う。エグザイルとジャニーズの競合をうまく利用して、Vリーグを盛り上げることもできるはずだ。俺は決してバレーは観ないが、この方針は指示してる。


Exile

テレビにとってエグザイルとは、
ジャニーズのアウトレットである。

|

« 1250年ぶりですね。 | トップページ | 時代おくれの肯定。氷川きよしの「白鶴まる」 »

スポーツ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/49982588

この記事へのトラックバック一覧です: エグザイルは、複合型商業施設。:

« 1250年ぶりですね。 | トップページ | 時代おくれの肯定。氷川きよしの「白鶴まる」 »