« 補助金終了で清史郎くん解放か。 | トップページ | 知らないうちに「ゆるゆる新聞」創刊 »

2010年9月15日 (水)

あ、痛くなってる。宮沢りえのキティー

Photo_9

キャバクラのベテランホステスが、ねこミミをつけて「キティーちゃん!」とおどける。一瞬の殺意の後、わいてくるのは「あのCMの解釈としては妥当だな」という感想。まあ、その程度の反響がふさわしい。

グリコ「アーモンドプレミオ」新CMには、女優宮沢りえが25年後の実写「ハローキティ」となって出演。あらさがしすれば、山ほど出てきそうな、いろんな意味でキメの粗いCMである。肌もね。

「こんなCMやりますよ」という企画だけでニュースになる。それは「あのタレントを使いますよ」というCM発表会よりはマシだ。大人グリコの面白さの根は、そんな企画の話題性。飲み屋妄想レベルの与太話を、ファンをうならせるほど本気でプロが実現しちゃうところだった。
今回も、

キティーちゃんが、猫キャラ最高峰の舞台「CATS」に出演!

ってところまでは話題として楽しい。
ただ、つくりこみが雑。前回のクオリティーの億分の一。キティーちゃん熱烈ファンにとってみれば、コーラン焼却クラスの信者侮辱だ。名作シリーズCMが、あまりにも見事に失敗して終了した瞬間。珍しいコケ方をしたので、ぜひブログに書いておこうと思った。宮沢りえのキティーちゃん。お前はすでに死んでいる。

一番にが虫をかみつぶした顔をしているのは、りえママだろう。私さえしっかりしていれば……と忸怩たる思いでチャンネルを変えてソファに体を沈めてるはず。貴ノ花親方は、歳月の流れを感じながら、酒をちびりとやっていると思う。


M_takanohana4

|

« 補助金終了で清史郎くん解放か。 | トップページ | 知らないうちに「ゆるゆる新聞」創刊 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/49455275

この記事へのトラックバック一覧です: あ、痛くなってる。宮沢りえのキティー:

« 補助金終了で清史郎くん解放か。 | トップページ | 知らないうちに「ゆるゆる新聞」創刊 »