« CMの精神が醜悪。日清カップヌードル | トップページ | 芸人は、芸人の世界を笑えない。 »

2010年9月21日 (火)

美空ひばり「愛燦燦」のカタルシス

Photo_5
カラオケというのは、やっぱりブームだったんだろうな。

ボウリングをやりまくった世代というのがあるように、カラオケにも世代で是非がわかれてきた。ワカモノを誘ったら露骨に嫌な顔をする。羞恥心を捨てなきゃカラオケは楽しくないのはわかるんですが、羞恥心を捨てる必要があるんですか、そこまで人は会社の奴隷じゃないですよね、というような目でじっと俺を見る。そして、ゲイに掘られて開眼したゲイみたいで、僕はゲイになりたくもないじゃないですか、なんて曲がった極論で返してくる。正論は、正しく伝えてこそ、正論なんだがね。

必要なんですか、好きじゃないですから、と、ワカモノ。
いいからこいよ、これも仕事のひとつだ、と、おっさん。
あいだに挟まれると、おれサラリーマンだなあ、
という実感がしみじみ身をひたす。

さて、また行ったよ、カラオケのある店。店長が「ママ」と呼ばれる系統の。

スナックは「ママ!ママ!」と、くり返し呼びながら、大人が子どもに帰る場所。もう「ママ」と呼べなくなった男たちの哀しい遊び。ママも、ママであろうとして、こんな歌を歌ったりする。

--------------------------------------------

「愛燦燦」 

歌:美空ひばり
作詞・作曲:小椋佳 

雨 潸々と この身に落ちて
わずかばかりの 運の悪さを
恨んだりして
人は哀しい 哀しいものですね

それでも 過去達は
優しく睫毛に 憩う
人生って 不思議なものですね

---------------------------------------------

すごいなあ、この歌詞。言葉をひとつ間違えると、世界は壊れる。

この世界に降る雨は、ぱらぱらでもざーざーでもなく、潸々と、でなければいけない。雨を、人生に降りかかる不幸としているなら、強すぎてはいけない。潸々と降らすことで、そんなに人生つらくないよ、という思いをこめている。人を救おうとしている気持ちが見える。

主人公に降る雨も、雨に濡れて、打たれてとかではなく、「この身に落ちて」という人の運命を漂わす表現がふさわしい。不運の程度も、わずかばかり、と言わなければ誰も救えない。どれだけつらいことがあっても、わずかばかり、という軽い笑いとばし感がないと、ただの恨み節になる。

そして、「人は哀しい」という、さけようもないオチ。これをもう一度、哀しいものですね、とすることで、誰かの孤独な悲しみを、お互い大変だよね、と共有化してやわらげる。ここまでのわずか4行で、誰もが、雨の日の美しいワンシーンを頭に思い描けると思う。

歌詞は、それでも「過去達は優しく睫毛に憩う」と続く。

たぶん、振り返ればすべて、いい思い出になりますよ、というような意味。ちょっとわかりづらいけど肯定的にとらえるなら、個々のイメージを投影できる場所をつくったんだと思う。個人的には、睫毛をふせて涙をとめている絵を想像した。雨が顔をつたい、涙に変わろうとするその時、ひさしとして睫毛がある。つらい思い出をやわらげる「憩い」があるイメージ。

そして「人生って不思議なものですね」と続く。

人は哀しいですね、けれども、人生は不思議ですね。という流れは、ただ、ただ、美しい。雨にふたつの意味を発見したんだろうな。この身に落ちる不運としての雨が、いつしか、心を洗い流す浄化の雨になっている。雨が悲劇の舞台と浄化の装置をかねている。雨を人生に重ねた歌はいろいろあると思うけれど、ここまで的確に本質をつけるのは、やっぱり技だなあ。美空ひばりという芸名すら、詩の一部に感じられる。聴き手の想像力を信頼しているから、こんな世界が書けるんだろう。

その世界は、1番を歌い終えたママに、おっさんたちが声援を送った瞬間、終わった。

「ママー!最高!」

「結婚してくれー!」

「ヨッ!平成のひばり!」

「ママさんさん!」

ああ、なんなんだろ、この夜。

|

« CMの精神が醜悪。日清カップヌードル | トップページ | 芸人は、芸人の世界を笑えない。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

結構面白い話でしたよね。

投稿: 羞恥心 画像 | 2010年9月26日 (日) 午後 05時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/49518442

この記事へのトラックバック一覧です: 美空ひばり「愛燦燦」のカタルシス:

« CMの精神が醜悪。日清カップヌードル | トップページ | 芸人は、芸人の世界を笑えない。 »