« 自殺と季節について | トップページ | サブリミナルエロCM「くつろぎ仕込」 »

2010年9月28日 (火)

ダルビッシュは泣いてくれるだろうか。

2010年、24歳でダルビッシュはMLB挑戦を決めた。これで、ファイターズも終わりである。行かない、行かないって、夢すら見てないよ、と言い続け、「国内で200勝したい」とまでのたまってきたが、こんなもんである。楽天の岩隈と仲良くポスティング。MLBの植民地政策であるWBCが功を奏している。そこらへんの球界問題は、江夏がプレイボーイでぼやいてくれるだろう。ドーム球場のないメジャーで活躍できるのか。国際大会でいい成績残してないけど大丈夫か。移籍金はいくらになるだろうか。とか、野次馬はいろいろ考えるわけだが、気にしてもしょうがない。ただ、北海道のファンとして気になることが、ひとつ。ダルビッシュは、泣いてくれるだろうか。もし涙を流したら、それは日ハムファンにだけ与えられた幸せである。

Photo

|

« 自殺と季節について | トップページ | サブリミナルエロCM「くつろぎ仕込」 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/49585655

この記事へのトラックバック一覧です: ダルビッシュは泣いてくれるだろうか。:

« 自殺と季節について | トップページ | サブリミナルエロCM「くつろぎ仕込」 »