« 2009年5月 | トップページ | 2010年4月 »

2009年9月25日 (金)

そろそろ「こども店長」に引導を。

敬老の日に民放でアカデミー映画「おくりびと」を流していた忌みを考えていた。老いから死への助走に入った人たちはどういう気持ちで観ていたんだろう。また、その人たちに、テレビはどういう感想や表情を期待していたんだろう。敬老の日に、なんど葬式の家庭を観せられたか知れない。そのさまざまな葬の景色が、観ている老人たちの過去の思い出と重なり、近い未来の世界と重なることを想うと、笑えない冗談になったりする。親の葬式に笑いをこらえていた蛭子さんレベルにしかわからないジョークだ。

その「老」との激しいコントラストで「若」がぴかぴか輝いたCMも流れていた。こども店長である。こどもだから、というだけで大目に見てきたが、いよいよ鼻についてきた。うぜえ、と書くだけで悪者になったような気分にさせられるのが、なによりも鼻につく。批判のスキひとつない絶対正義。「こども」という記号だけで存在する、中身がすっからかんのカワイイCMを観せつけられると、批判する自由も気力も奪いにくる狡猾さに反発したくなる。「あのCMはきたねえよ」くらい言わないと、未来はないし、世の中つまらん。

ほんとにさいきん
「かわいいね」というCMが目にあまる。

ソフトバンクの犬については、もうソフトバンクも展開に限界が見えててきて、人気があるから引き際を見失ってる感じがしてて、なんか同情はしている。

当初のデキは良かった。獣姦をにおわせる影のある設定でありながらもアットホーム。ハラを抱えて笑うことはないが適度な毒があり、おもしろすぎない絶妙のほほえましさが憎たらしいくらいうまかった。この簡単なように見える高度なバランス感覚を知らずに、「かわいい」というパッと見だけをまねして無惨に失敗しているCMが相次いでいる。

多すぎるので、とくにイラつくものだけあげとこう。

●エネオス
つまらなすぎるコントをゴリラにさせて質の低さをカモフラージュし、お笑いに影響されたバカ女のように自信たっぷりで突っこむOLがでてくるやつ。

●キューブ
うすら笑いのシニカルなイメージで視聴者にこび過ぎないキャラづくりをねらったが、結局は神経を逆ナデするだけになってしまったことに気づかない、シカがでてくるやつ。

●アフラック
「アヒルのかわいい」+「ネコのかわいい」=かわいい2倍、という式を信じきっている、思考停止のあきれた間抜けぶりがにじみでてるやつ。

●トヨタ シエンタ
「けんたきゅんきゅん、ママにきゅん」という人間のIQを下げる呪文で、味方よりも敵を増やし、親バカさん以外の人をムカつかせるために作っているとしか思えない、幼稚さが画面からあふれでてるやつ。

ほんとにさいきん
「むかつくね」というCMが目にあまる。

「かわいい」と「愛される」は違う。その違いは「弱さ」である。弱さがあるものは、かわいいをこえて、愛されるところまでいく。ゴリラにも、シカにも、アヒルにも、ネコにも、ガキにも、かわいい以上の感想をもつことはできない。かわいいの押し付けは、ナルシズムの共有を迫られているだけだから。影を描かなきゃ、光はみえない。ソフトバンクの犬には影がある。そこには、同情や共感や親近感をまぎれこませる余白が大きく残されている。あの犬が「愛されるCM」になったのはそこが理由だと思う。正直、もう飽きたけどね。

TEXT by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

潮田玲子は何になりたいのだろう。

ラグビーは日本では有名なマイナースポーツである。そのマイナースポーツのさらにマイナーである7人制がオリンピックの種目に選ばれた。そのマイナーな7人制のさらに女子があることをごぞんじだろうか。セブンス女子日本代表。マイナーにマイナーを重ねて、もはやその存在は注目に値する、と思う。

フィギュアやバレーは別にして、マイナーなさらにマイナーである女子選手による競技は、美人がひとり入ればメディアが飛びつき持ち上げ、人気という名のハシゴをかける。テレビが選手のケツを押して頂点まで押し上げたところで、あとは実力を待ちながら下からカメラでなめってオカズにする。下品だがそれが真実だと思う。

ビーチバレーの浅尾美和、女子ダブルスのオグシオ、ラクロスの山田幸代………ビジュアルがあればマイナースポーツが活性化することを彼女たちは証明した。そして、なでしこジャパンがそれを反証した。

さて、ラグビーである。誰かがハシゴをのぼらせられるだろう。

筆頭は、スタンドオフ 鈴木彩香である。

深く説明はしない。記事で前評判をつくる気はないので、判断していただきたい。注意は、検索すると同名のAV女優が出てくることだけ。どうせ、そろそろどっかが密着取材とかはじめてるだろう。わかりやすいヒロインづくり、おつかれさまです。

あとは、アナウンサーしか使わないキャッチフレーズを考えるのみだ。正しくは、キャッチフレーズではなくネーミングなんだが。

バレーは、火の鳥ニッポン
サッカーは、なでしこジャパン
ホッケーは、さくらジャパン
新体操は、フェアリージャパン

どれもこれも「日本」というコンセプトで突き進んでいるが、「さくら」は、よくわからんだろう。ネタ切れ極まった。というか桜のジャージーだけに、先にとられた感がする。

現状のマイナー感で言えば、朱鷺ジャパン。だが、そもそもジャパンと呼ぶのはラグビーから始まったはずだから、いらないはず。と、いってもテレビには民意は反映されないから無駄だろうが。

もちあげられた後は、落ちないことを心配するのみだ。メディアのハシゴは上れば上るほど景色がよくなるから、思わぬ悲劇を引き起こす。その象徴は世界水泳の田島さん。「めっちゃ悔しいですぅ」→「金がいいですぅ」→「女優になりたい」→「めっちゃ悔しいですぅ」は人気が地に落ちる、という言葉のわかりやすい前例を残してくれた。

現在、オグシオの「シオ」が、あの日の田島になりかけている。テレビメディアの用意した人気のハシゴに足をかけて曲芸している状態。レギュラーをバシリと決めた現在は尾張名古屋の金の鯱、人生転落の出初式か。

潮田玲子は、何になりたいのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年9月 9日 (水)

でっかいハナクソがとれた。

「何にもない日」でgoogle検索。

結果 約13,900,000件。

「何にもない日」というタイトルで
更新したブログはたくさんある。

でも、何もない日に、
本当に何もしていない人はいない。

メシがうまかった。
ハラがたるんできた。
きょうのヘがくさい。
つまらないテレビしかやってない。
なれなれしいラジオのパーソナリティ。
ネットにあきた。
こんなにヒマなのは、いつ以来だろう。

というように、
何もない日はなくて
興味がない日があるだけ。

ニュースがない、も、
本当は、興味のあるニュースがない
ということだろう。

世間のニュースは、
自分の興味と重なりあって
自分のニュースになる。

衆院選挙。

家の近くが投票所だから、
投票日に、明らかに、こいつはバカ!
と断言できるバカな若者が
バカみたいに往来していた。
バカなピアスを鼻にはめ、
バカなズボンをバカかと思うくらいずり下げ、
バカな顔をしてタバコを吸いながら
バカバカと道幅いっぱいに歩いていたバカ。

あの日、あのバカは
選挙を、世間のニュースを
自分のニュースにした。

民主は連立の最終調整に入った。
千葉県400部署のうち96%で不正経理。
裁判員裁判 初の執行猶予付き判決。

これが興味のあるニュースとして聞こえたとき、
あのバカみたいなピアスは、
俺のⅠ票が関わっている、
という手ごたえをつかんだりする。

衆院選挙の価値は、
そんな何もない日を減らしたこと。
世間と個人を関係させたことだと思う。
この前の選挙は、日本を小さくしたニュースだった。

何もない日は減っていく。
政治ブログは隆盛する。
バカが政治を語りだす。

本当にくだらないことや
ちょっとした幸せが
書きづらくなる。

そんな中、ゆるゆる新聞は
断固として下らなくありたい。

ちいさな幸せとささいな発見を
大切にしていきたい。

今日のニュースである。

でっかいハナクソがとれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

人生ログアウトしてました

突如、霍乱して病院行き。
今までの疲れが内臓へ攻め入り、
人生ログアウトしてました。

再開します。

最近のメモから。

------------------------------------
●「1Q84」大フィーバー
------------------------------------

村上春樹は、純文学ではない。
純文学はあんなにバカみたいに売れない。
悪玉ミーハー菌は、フェーズ6。
日本人的サブカルパンデミック。
ブックオフに山積みになる日が楽しみ。

------------------------------------
●札幌市 南区のホームぺ−ジ
------------------------------------

南区のホームページで
クマ出没注意!の呼び掛け。
その呼びかけのキャラクターがクマという矛盾。
『クマ太郎からのお願い』
俺出没注意!ってことか。
死亡事故増えてるから、
クマが人間の味を覚えたのだろう。
もはやクマ太郎に可愛さは皆無。

------------------------------------
●キリン「コクの時間」の下ネタ臭。
------------------------------------

第3のビールのキリン「コクの時間」。
下ネタ臭を大人ほど指摘しないのはなぜか。

こ・く【放く】 
 ①体外に出す。はなつ。ひる。
「屁を—・く」
 ②ものを言うことを卑しめていう語。ぬかす。
「嘘を—・きやがれ」

ウラの意味、含みすぎ。
いよいよ「ヌキの時間」新発売か?

------------------------------------
●自虐的なおんな芸人
------------------------------------

エスカレートしてるから、
うつや自殺がいよいよ恐い。
落語家とか、けっこう逝ってるから‥
誰も傷つけない過激な表現は、
自分を傷つけることしかないのか。

------------------------------------
●ゲイになっていた店
------------------------------------

自虐的ということで言えば、ゲイもそう。
自分を傷つけてはじける笑顔も時々翳る。
久々に行った店が、
ゲイの吹きだまりに大変化。
オトリにしたO氏が
胸もみしだかれている間に退避。
新宿二丁目からのゲイ軍の侵攻。
なにごとかと思ったら、
9月18日、札幌はゲイパレードらしい。
連休前だから、おそろしい。
すぐ帰ってはくれなそう‥
9月の5連休、札幌は「Allways 〜二丁目の夕べ〜」

------------------------------------
●しんぼる
------------------------------------

松本人志監督作品、第二弾。

面白いか、面白くないか、
新しさとか、奇をてらってるとか、
は、置いて。

「また批判されそうだ」

と、すぐ想像できるのはなぜか。

ずっと不思議だったが、
この前、CMみてて
当たり前のことにようやく気がついた。

それは、
本人が出ているから。

本人が新たな自分とか出さないから。

それが、
意外性がない一番の理由だと思う。

面白いか、面白くないか、
は、置いて。

また

「松本人志が、好きか嫌いか」

を試される作品に仕上ったのは確か。

正確には、松本人志 主演作品、第二弾。

みんなお笑い以外の松本人志が
知りたいだけなのだと思います。

------------------------------------

TEXT by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2010年4月 »