« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

高島屋はアテ馬?丸井は金で伊勢丹へ。

三越伊勢丹 VS 高島屋

丸井今井の譲渡問題が、いよいよ泥沼になってきて面白い。と思っていたら、急転直下、伊勢丹に決まった。
高島屋案は、札幌、函館、旭川に加え、室蘭店も営業支援する、と太っ腹なことを言っていた。伊勢丹案は、札幌と函館の二店を存続。もちろん丸井は高島屋案を支持してきたわけだ。社員もいっとき安心しただろう。でも、

やっぱ、伊勢丹にする。

だってさ。いきなり旭川店はつぶれることになった。たまんないね。最終的には「事業譲渡額」の差。つまり、のれん代の差である。高島屋はアテ馬的存在だったのかもしれん。

企業の買収・合併時の「企業の純資産」と「買収価額」との差額が「のれん代」となって、「ブランドの総合価値」が問われているわけだが、ここで気になったのは金額ではかれることじゃなくて、もう少し本質的な「のれん」こと。

「のれん」と「ブランド」の違い。

のれんはブランドの過去形だと思う。
「のれん」は伝統のために歴史を守り続けてきた、という感じが強くて、「ブランド」は未来のために前進してきた足跡という感じ。「のれん」はHISTORYで、「ブランド」はSTORY。

だから「丸井のブランド」とか言われてもピンとこないが、「丸井ののれん」と言われるとピンとくる。つまり「のれん化した企業」と「ブランド化した企業」があって、今、それがごっちゃになって、今どちらも「ブランド化」と呼ばれている。

丸井は「ブランド」で商売などしてきてない、やっぱり「のれん」で商売していたから、ここまでぼろぼろになったんだと思う。企業は歩みを止めたとき、そして挑戦をあきらめたとき、年老いていく。踏み出せばその一足がブランドとなり、その一足がブランドとなる、と思う。

とりあえず「やっぱ伊勢丹」としたこの譲渡の結末は、イメージを失墜させた。「ブランド」はSTORY。だとしたら、後はもう、上がるだけという見方もある。「ファッションの伊勢丹」が「ファッションの丸井」をつくることはできるのか。

誰も気にしていないが、札幌丸井の近所にある札幌三越は、複雑な顔をしていると思う。

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

夜空ノムコウで草ぬぎ君がセロリぶらぶら

◇草ぬぎ容疑者:
 「裸だったら、なにが悪い!いや悪かった!」

 公然わいせつ容疑で23日、現行犯逮捕された人気グループ「SMAPPA」の草ぬぎ容疑者は、SMAPPAの中でも「弾丸ファイター」として人気を集めていた。俳優やイメージキャラクターとしても幅広く活躍。芸能界では「たぶんオーライ」とはいかず、所属事務所はCM中止やキャラクター差し替えなどの対応に追われ「オーバーフロー!」「時間よとまれ」と悲鳴を上げた。

 ぬぎ容疑者は警視庁赤坂署員に取り押さえられた際「ドリンク スマップ!」と叫び、手足をshakeして暴れた。ぬぎ容疑者は容疑に対し「チョンマル」とうなずき、「GO NOW!」とあっさり任意同行に応じた。

 同署によると、23日午前2時55分ごろ、東京・赤坂の港区立檜町公園の近所の住民から「はだかの王様!しぶとくつよしが騒いでいる!」と110番があった。現場は都心の公園で、複合商業施設「東京ミッドタウン」に隣接している。

 同署員3人が駆けつけると、ぬぎ容疑者は公園内の広場の芝生の上でオリジナルスマイルを浮かべながら「BANG!BANG!バカンス」「しようよ」と大声で叫んでいた。周りには誰もおらず、近くにジーパンが脱ぎ捨てられ、セロリ、オレンジ、10$(テン・ダラー)が散らばっていた。署員が注意すると「どんないいこと?朝日を見に行こうよ!」などと騒いだため、署員3人はTriangleで保護用シートで草ぬぎ容疑者をくるみ、パトカーに乗せたという。逮捕から約4〜5時間後の飲酒検知では、酒気帯び運転となるレベルの同0・15ミリグラムをはるかに超えたアルコール分が検出された。

 近所の住民によると、公園には世界にひとつだけの花が咲き、夜空ノムコウにはもう明日が待っていたという。


◇原宿署へ移送中「幸せの果てに」熱唱

 草ぬぎ容疑者は同日午後0時55分ごろ、建て替え中で留置施設のない赤坂署から原宿署に身柄を移送された。ワゴン車の後部座席に両脇を署員に挟まれる形で座り、青いTシャツ姿で「幸せの果てに」など10曲を熱唱。うつむいた姿勢で表情はうつろだった。

◇ジャリーズJr「君色思い」熱唱

 ジャニーズ事務所は午後0時半ごろ、総務担当者がコメント 「育ってきた環境が違うから、ハダカ好きは否めない。衣服がダメだったり、お酒がダメだったりするのね」。今後は?という報道陣の質問に対し「うーん、がんばってみるよ。やれるだけ。」と突き放した。
 会見後、ステージにジャリーJrが登場し「始めからきっと気づいてた。いつか終りがくること‥‥」と 「君色思い」を熱唱し、草ぬぎ容疑者に捧げた。

◇鳩山総務相「たいせつ」熱唱

 鳩山肉夫総務相は23日、報道陣に対し「地デジを守るため、そのために生まれてきたイメージキャラクター。あきれるほどに、そうさ、強い怒りを感じる。怒りが炎、体、焼きつくす、しょっ中。国民のお金がかかっている。Hey Hey おおきに毎度ありという感覚では困る。KANSHAして行動してもらいたかった。ポスターなどすべて替える」と述べ、「たいせつ」を熱唱した。

◇蚊取メンバー「夜空ノムコウ」熱唱

事件当時、現場近くにいたと思われる香取さんは名曲「夜空ノムコウ」のリズムに合わせて状況を語ってくれた。「誰かの声に気づき、僕らは身を潜めた。公園のベンチごしに警官の姿が見えた。彼に何か伝えようとして、逃げ帰ったその日は、僕の心のやわらかい場所を今でもしめつける。悲しみって、いつかは消えてしまうものなのかな。」と沈痛な面持ちで歌い上げた。

◇否垣メンバー「Dear WOMAN」熱唱

「Welcome ようこそ僕の世界へ」と突然歌い出したのは否垣メンバー。不起訴ではあるが前科もちの否垣は、原宿署にいる草ぬぎについて「君がいまそこにいること 飛び切りの運命に 心からありがとう。昨夜も君が君らしく星空の下で輝いていた」と目をつぶりながら事件当日に思いを馳せた。会見終了後に「ほんとうになぐさめてやれるのは、マエのある僕だけ」とつぶやいた。

◇SMAPPAメンバー草ぬぎ応援コンサート
 『友だちへ 〜What you say?〜』開催

 SMAPPAの蚊取・否垣・中位らは、国立霞ヶ丘陸上競技場で草ぬぎ応援コンサート『友だちへ 〜What you say?〜』を開催!「裸になって何が悪い」と叫んだ草ぬぎ容疑者へエールを送った。
 リーダーの中位は「この曲がかなり古い歌なんですが、今の状況にぴったりなんですよ」と前おきして『裸の王様〜しぶとくつよく〜2009バージョン』を披露。観客1600人が酔いしれた。当日、木村は欠席した。

--------------------------------------

はだかの王様 〜シブトク つよく〜2009バージョン

これくらいのサケならいいか
なんてやって すっかり脱いで
急にみんなに責められて
なんかやばい状態だね

文句を言って 気が済むならさぁどうぞ
忘れてくれる 時期をただ待ってます

だから…
jan jan jama jan jama jama ずっと
未熟者でも ご容赦ください
jan jan jama jan jaja それでも
はだかのままが ホントに気持ちいいんです

態度はでかい でも気は小さかったりで
個人としては 結構いいヤツなんです

だけど…
jan jan jama jan jama jama きっと
懲りないんです ご容赦ください
jan jan jama jan jaja まだまだ
オシリの青い はだかの王様なんです

--------------------------------------


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月 9日 (木)

エンタレベルの「あるある」CM。JT Roots

Ruutsu_2


共感、なんて二文字で書くと、さも考えた感じがするもんだが、要は「あるある」である。「わかるなあ」と多くの人から支持を集めたりしそうだが、もうね「飽きたなあ」と断ずるべき。

ルーツ飲んでゴー。

は、そんな典型的なあるあるネタ。
この「ネタ」をエンタの芸人の誰かがやっているところを想像したら、つまらなさのほどがよくわかる。

------------------
[ルーツの広告文]

朝一番に
出社してみたが
特に意味はなかった。

気分のいい朝は
たいてい何かを
忘れている。

件名がすでに
不穏な空気。

口調以外
まったく
やさしくない。

------------------

社会の微妙な人間関係を描き出し、現代人のつぶやきを拾い上げ、多くの人の支持・共感を集めた広告。と、言うこともできるが、要は「サラリーマンあるある」です。それ以上でも以下でもない。

坂口憲二の演技の古さと、設定のベタさ加減にも触れておこう。

・雪の中、携帯電話で話しているとオートロックのドアに閉じ込められてしまう。
・女性とのドライブ。バックをする仕種で、助手席の女がさりげなくさける。

よくありそうな話ですね。

CMである、というフィルターをはずせば、選ばれしエンタの客だけが笑えるレベル。このCMは、時代が止まっている。だけどCMであるが故に、それが見逃されているような気がする。必死でネタを作っている、芸人たちがかわいそうになる。

------------------
[ルーツの広告文]

新人がお得意先に
「お疲れ様です」
と言っている。

------------------

すっかり、あるある探検隊ですね。
「レギュラー」という芸人を思い出します。


この手のたぐいは、
もういいよ、と誰かが言わないと、
面白いと思って、ずっと続けるだろうな。

だから、もういいよ。

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »