« 5月病の君へ。 | トップページ | 千の風になったら何する? »

2008年6月23日 (月)

こんな世の中だから、という免罪符。

ひどいニュースがつづくと、「世の中」という単位で嘆く人が多い。つまんない世の中だ。

中国のチベット否認問題、ミャンマー軍事政府のサイクロン、四川大地震の人災、硫化水素ブーム、レッズとガンバの場外乱闘、TBS川田アナ自殺の闇、オリンピック水着利権問題、TVクルーと帰ってきた中田ヒデの目線、i-phoneで始まるソフトバンク型ビジネス、韓国人の今こそ発散抗議デモ、秋葉原通り魔事件と犯人の社会的自殺、岩手の地震、北海道開発局の構造疲労、そして水野晴郎死去‥‥

けれども、ひどいニュースがつづくと「こんな世の中だから」という一言で済まされてしまうこともあるわけで。

こんな世の中だから‥‥

就職できなくても仕方がない。仕事の採算性が悪くても仕方がない。帰りが遅くても仕方がない。学校行きたくなくても仕方がない。結婚する気が起きなくても仕方がない。やる気がなくても仕方がない。人が狂っても仕方がない。

という具合に、どんどん甘い理由をつけることができる。こんな世の中だから、色んなことをあきらめることができる。いろいろとゆるされそうな空気がただよっている。

だからって、ブログを更新しなくていいわけじゃないぞ!と釘を刺された。そうだった。世の中は、世の中だよ。という逆接的な説得もあった。世間の家はそうでも、うちのこずかいはこれだけ!という親の言葉が浮かんでくる。騒がしい世間と無理に同化をする必要はない。そういうことをしてると、無差別殺人の理由を社会的他殺にしかねない。

こんな世の中だから、何ができるというんだろう。あいまいな「世の中」という言葉が流行る要因にインターネットがあると思うのは俺だけか。いま、ネットを介して「世の中は、世の中」という区別をあいまいにして過剰に騒いでいる世の中だと思う。現在の自分のつらさとか責任を「世の中」という言葉に背負わせて、しまいがちだな世の中だと思う。ネットとテレビを観なかった最近、とくにそう思う。

こんな世の中だから‥‥をやめて、こんな私だから、と言ってみる。それだけで結構、前向きになれる。それだけでがんばらねば、と思える。

こんな私だから、更新がとまる。がんばらねばな。

text by 副編

|

« 5月病の君へ。 | トップページ | 千の風になったら何する? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/41627310

この記事へのトラックバック一覧です: こんな世の中だから、という免罪符。:

« 5月病の君へ。 | トップページ | 千の風になったら何する? »