« こんな世の中だから、という免罪符。 | トップページ | 「グレーガンがやってくる!!」の衝撃。 »

2008年6月24日 (火)

千の風になったら何する?

Sen

昨日、友達と飲んでて
「千の風になったら、何をするか」という話になった。
お互いにあの歌を最後まで聞いたことがない。

だいたいが「透明人間になったら、何をするか」
と似ている答え。

千の風になって、女風呂に行く。
千の風になって、スカートをめくる。
千の風になって、乳をもむ。
千の風になって、風力発電をする。
千の風になって、エアータオルを強める。
千の風になって、世界中を旅する。
千の風になって、台風に参加する。

原文を調べると、
「千の風になって、
 あの大きな空を吹きわたっています」

と、つまらない感じだった。がっかりである。
だが、

「そこに私はいません、眠ってなんかいません」

という墓を否定するあたりはドキリとした。
さらに

「死んでなんかいません」

と続くあたりは、呪怨のようだ。
恐いから、そこは死んでおこうよ。

あと、気になるのは、
すぐ千の風になるわけじゃなく、
寿命が少しずつ風になっているとしたら、
いま、どのくらいの風だろうか、ということ。

すでにオヒョイは780くらいの風か。
歌丸は800代後半を数年くらいキープしている。
森繁は見た目999.98は風になっている感じがする。

いろいろ御託を並べたが全体的に賛成なのは、
「墓から離れて、どこかに飛び回れる」
という自由奔放な死生観。
もし、千の風になれるとしたら、
自らの死を楽しめる風でありたい。

水野晴郎は1000の風になって、
好きな映画を、思う存分、楽しんでいると思う。

Mizuno

text by 副編

|

« こんな世の中だから、という免罪符。 | トップページ | 「グレーガンがやってくる!!」の衝撃。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/41635388

この記事へのトラックバック一覧です: 千の風になったら何する?:

« こんな世の中だから、という免罪符。 | トップページ | 「グレーガンがやってくる!!」の衝撃。 »