« 恋愛ソングの頂点に君臨する「ジャガー」 | トップページ | こんな世の中だから、という免罪符。 »

2008年4月29日 (火)

5月病の君へ。

Gogatsu_2

どうして4月のうちから5月病なんかにかかんだね。せっかくだが愚痴を聞いて、なぐさめるつもりはない。どうせよくあるサラリーマンの悩みなんだろ。それより5月の話をしよう。5月は快適な月だ。とくに北海道の5月は格別だ。春は、夏の暑さや冬の寒さにくらべると、大きな感動がないと思うだろう。だが、暑すぎない昼、寒すぎない夜、窓の開け閉めで調節できる室温、トレーナー一枚で出かけられる気温。とりまく背景が派手ではないぶん、君は小さな変化に気づくことができる。実際、5月に入ると、会社に向かう途中で、保育園の子どもたちの歓声を聞く。水遊びのスタートだ。公園で仕事をサボっていると、花の香りが陽気とともに立ちのぼってくる。君は花の香りがベンチまで届くものだと知る。顔をあげて辺りを見渡せば、同じような会社員たちが花を見ていることに気づく。スーツ人たちの灰色の輪の中心に、色鮮やかな原色の楽園がある。その光景は喜劇的なほどにやさしい。食欲がない昼は、老舗のそば屋に寄るといい。たぶん新茶が出てくる。冬に栄養をたくわえて、最初に出ててくる新芽のみずみずしい力。新茶はこれからの味がする。酒を飲むなら、居酒屋で初ガツオをたのみたい。鰹の刺身は、脂ののりも控えめで、あっさりとしている。ホヤやタケノコもいいだろう。そう、5月には日本酒がよくあう。酒のせいでまた深く悩みこんでしまうぐらいなら、競馬で悩むといいだろう。天皇賞(春)、皐月賞、日本ダービー‥‥馬たちが季節ごとの物語を運んでくる。草花ばかりが季語ではない。窓を開ける。道を歩く。耳をすませる。顔をあげる。のれんをくぐる。箸をのばす。すぐそこに5月がある。休めない金メッキのゴールデンウィークがなんだっていうんだ。5月というだけで贅沢だ。ただそこに5月があるだけでいい。どこか遠くへ行きたいと思うし、どこへも行かなくてもいいとも思える。5月は静かに近づいている。窓を開けると、涼やかな風がすっと吹きこみ、カレンダーの4月のページがふわりと持ち上がる。そわそわ落ち着かないカーテン。空の青が濃くなったような気がする。最高ではないが絶妙である。4月のうちから5月病になるなんてつまらない。会社のトイレから、わざわざメールを送ってくる君をはげます気はさらさらない。それより5月の話をしよう。5月は快適な月だ。5月はなんとなくすばらしい。こどもたちは水遊びをしている。会社員たちは花に目を止める。新茶はこれからの香りがする。大きな感動がないぶん、君は小さな変化に気づくことができる。

text by 副編


|

« 恋愛ソングの頂点に君臨する「ジャガー」 | トップページ | こんな世の中だから、という免罪符。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/41032186

この記事へのトラックバック一覧です: 5月病の君へ。:

« 恋愛ソングの頂点に君臨する「ジャガー」 | トップページ | こんな世の中だから、という免罪符。 »