« モンドセレクションの落とし穴 | トップページ | 東京フッキまつり »

2007年9月20日 (木)

Rugby World Cup3「身捨つるほどの祖国」

松崎しげる、つのだ☆ひろ、森進一、J-WALK、西城秀樹、五木ひろし、八代亜紀、カールスモーキー石井、野口五郎、工藤静香、氷川きよし、和田アキ子、西川貴教‥‥

彼らの共通点をごぞんじだろうか。

モノマネされやすい人ではない。

正解は、国歌の独唱をしたことがある、である。

ヒデキに日本を代表させてしまうセンスは、日本人しかわからない味がある。Jリーグができた頃のチャラけた空気の名残りなのか。私は、こんな国歌のひどい扱い(特にスマップ中居独唱)のせいで、涙を流して君が代を歌うことなど、自分の人生において金輪際ないだろうと確信している。

さて、21日午前4時から、ラグビーワールドカップの日本戦がある。

相手はウェールズである。
ラグビーは国技である。
首都カーディフである。
ミレニアム・スタジアムである。
7万4000人収容である。
しかも、ワールドカップである。
そこへ国歌がくる。
ランド・オブ・マイ・ファーザーズ
『勇敢なる雄々しき戦士達は、
 祖国のためにその血を捧げた』
その7万の合唱は世界一だと思う。

ウェールズの国歌は、寺山修司のうたを思い出させる。

 マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

もし、身を捧げるほどのものを「愛国心」というならば、そんなわかりやすいものはもちあわせていない。でも、力を一点に集めて突破するラグビーのような競技にとって有効に作用するものだけが愛国心ではなく、もっと使い道のない、役にたたない愛国心があっていいと思う。

私は日本のこういうところが好きである。

おっさんになっても漫画やゲームを愛するこころ。ヒデキが国歌をまかされるというセンス。スマップ中居の国歌独唱などの自虐的な笑い。一大事があってもカッパ発見を報じる東スポ的感覚を楽しむ余裕。実力がなくても人がいいだけで渡り歩けるぬるいサラリーマン的世界……

多少歪んではいるが、社会に対して抱く愛着ということで、これはこれで「愛国心」としてほしい。WBCで韓国人がマウンドに旗を立てるような「反」の感情がもちにくい国だから、そうゆうところでしか日本を好きな日本人は増えないと思う。

Hatabou

あす午前4時。ウェールズの真正面からの強烈な愛国心を体感し、この屈折した愛国心を矯正したいと思う。

text by 副編


|

« モンドセレクションの落とし穴 | トップページ | 東京フッキまつり »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/16514530

この記事へのトラックバック一覧です: Rugby World Cup3「身捨つるほどの祖国」:

« モンドセレクションの落とし穴 | トップページ | 東京フッキまつり »