« コンサの胸ロゴ大丈夫?黒い恋人事件 | トップページ | Rugby World cup1「ナミビア魂」 »

2007年8月20日 (月)

競馬のない週末に、競馬を想う

Specialweek

「スペシャルウィ−ク」という馬がいた。名前どおり特別な週末を感じさせてくれた。武豊が初めてダービーを制した馬だった。

その馬名に、週末が待ち遠しい大人たちの期待感そのものが走っていた。スペシャルなG1がある週は、その馬が引退したいまも「スペシャルウィーク」という言葉が、沸きたつ血となり体内を駆け巡る。

高く大きな夏空の下、美しい芝がレースを忘れて休み、競馬場の鉄の門は閉ざされている。北海道から異常なほどの猛暑が去り、札幌に爽やかな競馬の季節が訪れるはずだった今週末。36年ぶりの馬インフルエンザで、中央競馬の開催が中止になった。

競馬のあるはずの週末。テレビもラジオもスポーツ新聞も、いつもとは違う土日にとまどっているようだった。札幌競馬がいつ始まるか、わからない。36年前は2ヶ月くらい休んだらしい。

JRAの職員も休みかもしれない。突然、この奇妙な休みに放り出された人は、家にいる自分が不思議だろう。 競馬のない、ほんとうの土日を思い出しているのかもしれない。

それしても、静かである。
天気もいいのに、どこにも行く気がしなかった。

こんなにも生活に競馬がくいこんでいたことを、
いま、しみじみ見つめている。

36年ぶりの競馬の休日。
平和な昼の光に包まれた、
人ひとりいないターフを思い浮かべてみる。
そこでは時は止まっている。
競馬関係者や競馬ファンにとって、
奇妙なほど安らかなスペシャルウィ−ク。

text by 副編

|

« コンサの胸ロゴ大丈夫?黒い恋人事件 | トップページ | Rugby World cup1「ナミビア魂」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/16180009

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬のない週末に、競馬を想う:

« コンサの胸ロゴ大丈夫?黒い恋人事件 | トップページ | Rugby World cup1「ナミビア魂」 »