« 「大日本人」の批評の批評のそのまた批評 | トップページ | ミート社「田中社長」観察日記 »

2007年7月 2日 (月)

ゆるゆるニュースヘッドライン

「ヘッドライン」とか書いてみたがメモ代わりにアップしておくもの。

●日ハムが買った大型扇風機「ジョーンズ」

大砲不足のファイターズ。
ラロッカも手に入りそうだったのに見逃し
ノリも安売りされていた時に買わず、
代わりにとった新戦力グリーンは大砲どころか
水鉄砲クラスの実力で二軍。
ようやく手に入れた大砲は、ぶんぶん丸。
扇風機の季節だがなあ。燃費悪そう。

●借王「羽賀研二」と交渉人「渡辺二郎」

熱いといえば、こんな熱い事件も。
羽賀研二の借金を渡辺二郎がもみ消す、
というVシネみたいな事件が起きた。
哀川翔がいれば「借王(シャッキング)」
一本くらいとれちゃうレベルのキャスト。
主演は、元世界チャンプの渡辺二郎。
4億円の借金を1000万円に減額するべく
渡辺がドスをきかせた交渉を重ね、
山口組系組織とともに債権者と戦う。

●三浦淳にトレード案浮上

金銭問題ならここも深刻。
J1神戸からの退団意思を表明した
MF三浦淳にJ2へのトレード構想が浮上。
神戸の社長が明かしたもので、
トレードってことでネックの高年俸
推定5500万円をなんとかできるという算段。
コンサこい、コンサ。
急がないと中村ノリみたいになるぞ。

●電車内に「謎の大便」事件

悲惨な神戸話つながり。

JR神戸線の新快速電車は混んでいた。
座席はほぼ埋まり、立っている客もいた。
8時2分、前から6両目の乗客が
非常停止ボタンを押した。
運転士が駆けつけると、

「クソあるぞ!」

調べてみると、2両目から6両目の計5両、
床に人の大便とみられる汚物が散乱。
電車は次の駅に約6分間停車。

駅員らが車内を清掃後、運転を再開したが、
まだくさい。
約17分遅れで到着した次の駅で
ついに運転をあきらめた。

乗客約1200人は後続の電車に乗り換えた。
捜査関係者は、

「状況からみて、故意ではなく、
 我慢できなくなった乗客が漏らしてしまった
 可能性が高いと思う」

大便の点在場所からすると、
1、2両目にいた乗客が、8両目と12両目にある
トイレに向かう途中、ズボンのすそなどから
断続的に漏らした可能性が大。

JR西日本は「謎の大便」について

「大便があったという事実以外、
 原因は全くわからない。
 ただ、目撃情報がないことから、
 嫌がらせなどの事件性はないと判断している」

JR西日本によると、大便が原因で
電車が運休に追い込まれたことは
「ほとんどないと思われる」という。

三浦淳がヤケになってやらかしたのかも。
それかウチのゆるゆる編集長だ。

text by 副編

|

« 「大日本人」の批評の批評のそのまた批評 | トップページ | ミート社「田中社長」観察日記 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/15631537

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるゆるニュースヘッドライン:

» 渡辺二郎 [いま人気のコトバとは?]
渡辺二郎 プロフィール検索 動画検索 画像検索 [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 午後 07時22分

« 「大日本人」の批評の批評のそのまた批評 | トップページ | ミート社「田中社長」観察日記 »