« 夕刊にグレート小鹿!その2 | トップページ | 楽天オールスターVSセ・リーグ »

2007年6月21日 (木)

品名フェイント「分解茶」の悪質

KIRIN「分解茶」を買った後に、気づくこと。

Bunaki

脂肪を分解するから「分解茶」
ではなくて「苦味分解製法」
を使用してるから「分解茶」。

これは、分解茶を手にした大抵の人が陥る
ハラを立てようか立てまいか迷う程度の
じつに細やかなサギである。

自販機で、太った姉ちゃんが、この茶を買っていた。
汗が止まらず、ハンカチが手ばなせない。
ハアハア言いながら自販機から「分解茶」をとりだす
ボトルのキャップをまわす手が
ラベルの説明を読んで、
一瞬止まる。
でも、もったいないから飲む。

頭のなかをサっとよぎる、あの小さなイライラ。
そんなことで怒るなよ、というイタズラほど
怒れないからストレスがたまる。

こういうのが一番こしゃくでタチが悪い。
こういうのを「うまい表現だ」と
思っていることは、もっとタチが悪い。

商品ネーミングがつくりあげた
理解と誤解の塀の上のよたよた遊び。
その遊び事体、買うほうに参加メリットはなく
本来の商品の価値を下げている。

こんな商品名のフェイントが有効なのは、
そもそもお茶がクスリ化しているせいか。
最近のお茶はうさん臭くてたまらない。

夏の日の太った姉ちゃんの
一瞬の狼狽を、軽くみないで欲しい。
お茶に薬効を期待している時代の
象徴的なこずるさだから。
言い過ぎか。

商品の本来の魅力で
売ってるわけじゃないから
いずれ消えるだろうけど。

text by 副編

|

« 夕刊にグレート小鹿!その2 | トップページ | 楽天オールスターVSセ・リーグ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/15508648

この記事へのトラックバック一覧です: 品名フェイント「分解茶」の悪質:

» [レビュー]キリン・分解茶 [DDB~ダメ大学生のブログ~]
キリンの分解茶を飲んでみた。158円。http://www.beverage.co.jp/bunkaicha/ウコン茶と烏龍茶と杜仲茶の3種類が入っているということで見た目は見るからに苦そう。ちなみに…杜仲茶は中国では古くから珍重されてきた植物、杜仲の葉のお茶です。杜仲にはカルシウム・カ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 午後 11時24分

« 夕刊にグレート小鹿!その2 | トップページ | 楽天オールスターVSセ・リーグ »