« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月28日 (木)

「大日本人」の批評の批評のそのまた批評

なんだか松本人志ブームである。
賛否両論のされ方とか、マスコミの持上げ方とか、
軽い言い方だけどブームって感じだ。
心酔している信者は映画を迷わず賞賛し、
表立ってブームにならない感じが好きだった
ファンにはなんだかやるせない視線がある。

お笑い好きが映画を批評し、
映画好きが笑いを語る奇妙な状況。
その批評はおかしいという批評まで
されて批評されちゃう事態だ。
さらには、カンヌで絶賛とか騒がれる
どんな批評もかきけされる状況で
何がまっとうな情報か判別できない。
今のところ、試されているのは
映画ではなく「松本人志」観だけである。

そういう混乱をさけるために
たけしは「北野武」と「ビートたけし」を
使いわけしていると思うのだが、
そういう賢さがなかったように思う。
ちゃんと批評されたかったとしたら
必要な自浄機能だと思う。

ややこしいので真価を問うのは、
二作目からにしとこう。
映画への「志」の中身は作品を重ねると
浮き彫りになって見えてくるはず。

たけしへの対抗心とか、既存作品への批評とか、
日本の笑いを世界に!とか、
そういう低い次元の動機ではなく、
自分が描きたいものの根本が
雑音が消えた後、にじみ出てくるだろう。

とりあえずは、この松本ブームって言う
批評が批評を呼ぶスパイラル的状況がおもしろい。
ブームとか権威とかを笑ってきた人が、
今度は自分が批評される舞台に上がったんである。
褒められすぎても、くすぐったいだろう。
でも、けなされることは、けなしてきただけに
想像以上に怖いはずだ。

このブームの最たるものが、先月号の
ブルータス松本人志特集「大松本論」

Photo_13

なんか恥ずかしい表紙‥‥
自分でシャッター押しちゃって‥‥
ナルシズムを消しきれていないのは
らしくない。ブルータスのいやがらせか?

で、中身のほうだが、
芸能人や著名人から松本人志への一人一質問の
コーナーがおもしろかった。

まあ、普通の質問はこんなだ。

「こどもの頃から自信たっぷりでしたか」
「1日だけなれるとしたら、何になれますか」
「コントライブはもうやろうとは思いませんか」
「好きな落語家は誰ですか」
「日本人のいいところはどこでしょうか」

しかし、亀田興毅の質問。

「坊主は頭が臭くなりませんか」

数ある「天才 松本人志への質問」という
期待と興味のまなざしで吟味した言葉とは違う。
近所の子のような、すばらしく素朴な質問だ。
亀田の中の少年的純粋性をはじめて垣間見た。


追記

木村祐一ら吉本の芸人100組が短編映画の監督に挑戦。
というニュース。
芸人のゴールが監督というのは笑えない冗談。
ダバディの成り上がりを想起させる吉本の勘違いぶり。
一方、浜ちゃんはAVの監督でカンヌを狙うという噂。
それは、面白い。

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年6月27日 (水)

楽天オールスターVSセ・リーグ

オールスター中間発表。楽天ゴールデン組織票。
各ポジション投票1位選手だけ(外野は三位)で
チームをつくると気持ち悪さがよく伝わる。

<パ>
先発:田中 将大 (楽) 439,069票
中継:松本 輝  (楽) 461,792票
抑え:福盛 和男 (楽) 539,124票
捕手:嶋 基宏   (楽) 543,734票
1塁:松中 信彦 (ソ) 399,244票
2塁:高須 洋介 (楽) 597,061票
3塁:小久保 裕紀(ソ) 488,052票
遊撃:川崎 宗則 (ソ) 373,940票
外野:礒部 公一 (楽) 550,480票
外野:鉄平   (楽) 511,630票
外野:多村 仁  (ソ) 439,213票
DH:山崎 武司 (楽) 826,553票

芸術的なまでの組織票。
東北地方のネット普及率が伺い知れる。
というか楽天という会社らしい
数字の伸ばし方といえばいいのか。
中継ぎの松本、誰だか知らんが可哀相。
こいつの投票数543,734票が
純粋な組織票の数か。
組織票がさらし上げでしかないことを
三木谷に思い知らせるいいチャンスだ。

<セ>

先発:黒田 博樹 (広) 332,412
中継:林 昌範 (巨) 297,795
抑え:藤川 球児 (神) 378,564
捕手:阿部 慎之助(巨) 394,528
1塁:李 承ヨプ (巨) 325,096
2塁:仁志 敏久 (横) 451,723
3塁:小笠原 道大(巨) 421,598
遊撃:二岡 智宏 (巨) 352,795
外野:福留 孝介 (中) 368,869
外野:前田 智徳 (広) 357,605
外野:金本 知憲 (神) 350,355

黒田の男気を称える投票がいじらしい。
藤川が中継ぎだったら、抑えは上原だったのに。
中継ぎはテレ東アナと付き合う林。
案の定、巨人は内野担当。外野はオヤジ担当。
前田の貫禄。金本の威圧。福留の顔面。
バックという言葉がヤクザ的響きを持つ。
濃厚である。

今年のオールスターは
「楽天オールスターVSセ・リーグ」
1戦目は巨人のホーム、東京ドーム。
2戦目は楽天のホーム、フルキャスト宮城。

セ・リーグには
「こんなことニ度としません」
というまで打って欲しい。

Mikitani

今回は三木谷を更正するためのイベントです。

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月21日 (木)

品名フェイント「分解茶」の悪質

KIRIN「分解茶」を買った後に、気づくこと。

Bunaki

脂肪を分解するから「分解茶」
ではなくて「苦味分解製法」
を使用してるから「分解茶」。

これは、分解茶を手にした大抵の人が陥る
ハラを立てようか立てまいか迷う程度の
じつに細やかなサギである。

自販機で、太った姉ちゃんが、この茶を買っていた。
汗が止まらず、ハンカチが手ばなせない。
ハアハア言いながら自販機から「分解茶」をとりだす
ボトルのキャップをまわす手が
ラベルの説明を読んで、
一瞬止まる。
でも、もったいないから飲む。

頭のなかをサっとよぎる、あの小さなイライラ。
そんなことで怒るなよ、というイタズラほど
怒れないからストレスがたまる。

こういうのが一番こしゃくでタチが悪い。
こういうのを「うまい表現だ」と
思っていることは、もっとタチが悪い。

商品ネーミングがつくりあげた
理解と誤解の塀の上のよたよた遊び。
その遊び事体、買うほうに参加メリットはなく
本来の商品の価値を下げている。

こんな商品名のフェイントが有効なのは、
そもそもお茶がクスリ化しているせいか。
最近のお茶はうさん臭くてたまらない。

夏の日の太った姉ちゃんの
一瞬の狼狽を、軽くみないで欲しい。
お茶に薬効を期待している時代の
象徴的なこずるさだから。
言い過ぎか。

商品の本来の魅力で
売ってるわけじゃないから
いずれ消えるだろうけど。

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月18日 (月)

夕刊にグレート小鹿!その2

夕刊で「ボボ・ブラジル」という文字を読むと
とても不思議な気持ちがした。

ますます小鹿は絶好調である。

6月18日の夕刊も楽しかった。

北海道洞爺湖サミット
「子供に夢と希望を」
という記事のすぐ横に

「ロスでタイトル総なめ」
というタイトルが踊る。
さらに、

「トップヒールとして
 ミル・マスカラス(左)と
 死闘を繰り広げる私」 

というキャプション付きの写真。
そして、

「マスカラスの目に、
 隠し持った塩をすり込んで、
 たった12秒でフォール勝ちさ。」

と、原稿も当然のように極悪非道。
小鹿は、夕刊の中心でヒールを叫ぶ。
明日も楽しみである。

話題としては猪木がようやく出てきたが、
まだまだマニアックだ。

新聞という公的な世界で
知っている人しか分からない
内的な世界を見つけると、
ふだんとは比べ物にならない
笑いや情感が沸き起こってくる。

「吉村道明」という名を
ずいぶんひさしぶりに見つけて、
はじめて道新の夕刊で、胸がつまった。

おやじの好きだったレスラーである。

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

夕刊にグレート小鹿!道新の心意気

Banbi

夕刊の役割が、インターネットの普及で
「最新情報を届ける」
という使命を降りかかって久しい。

道新夕刊は、田中義剛のコラムやクロスワード、
料理、将棋などなど、ゆとりというよりは
「ヒマつぶしのゆるい読み物」と化している。

そのゆるい空気に油断して
見落としてしまいがちだが
中には、日常をぶっちぎった
破天荒な世界が広がっていたりもする。

それが、「私のなかの歴史」というコラム。
凄まじくつまらないタイトルだが、
中身はなかなか気合いが入ったラインナップ。

序盤は作家渡辺淳一、同小檜山博、女優倍賞千恵子。
つづいて菓子卸しナシオ会長名塩良一郎、
エプソン相談役 安川英昭、石水さんも出てたな。

まあ、ここらへんは夕刊コラムとして
のっていても不思議ではない顔ぶれ。
だが時たま

元プロボクサー輪島功一の過酷な人生や
元横綱北の富士勝昭の修業時代、
「第三十一代木村庄之助」の阿部正夫さんの
行司になるまでの遍歴などなど
ヘビーでストイックな世界がユルい記事と
対になって掲載されていたりして驚かされる。

そして、絶賛掲載中なのが

「大日本プロレス社長 グレート小鹿」

道内ゆかりの人物でも、三沢じゃなく小鹿をチョイス。
序盤は貧乏話でぜんぜんプロレスとは無縁の話、
そして2話、3話は力士時代の話、
そんで最近ようやく力道山に弟子入りしたところまできた。

夕刊のターゲットである主婦なんか
おかまいなしの内容は見事である。
これから先、夕飯の支度にかかる前ののんびりした
主婦の脳天を打ち抜くような言葉が並ぶだろう。

カンフー・リーや極道コンビ、
超獣ブロディ、ラ・マヒストラル、
天龍、プロレスちゃんこ小鹿の閉店、
蛍光灯やハシゴをつかっちゃう
過激なデスマッチ大日本プロレス‥‥

昭和のプロレス創成期の貴重な話だが
果たして、どこまで道新は許すのか。

奥さんが家に帰ってきたダンナに、

小鹿さんのマスカラスとの
死闘って知ってる?

なんて言う家庭がありうるのである。

北海道のゆかりの人物というくくりは限界。
夕刊がどんどんアルティメットになっている。

そろそろ元ジャイアンの声の人や、
モンキー・パンチ、mc,A,Tなんかも出るかも。
全てが自慢に聞こえる文化人・社長は勘弁。

Meijinsen

個人的には高橋名人を希望。

Text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月16日 (土)

ミス・ユニバースの外国人接待感

ミス札幌、ミス流氷、ミス毛布、ミス豚など
名立たるミスをねじ伏せる知名度のミス・ユニバース。
問答無用の貫禄で言葉の意味はわからんが
とにかくもの凄い自信を感じさせる。

あの森さんが、
スタイルだけで選ばれたのかとか、
ちょっとゴツすぎじゃねえかとか、
かわいいいのかアレ?とか、
整形かもなとか、
日本のスポンサーの力が働いたのか、
俺だったらヤだなとか、
あえて問わず、ここでは問題にしない。

問いたいのは、
ミスジャパンが、ミスユニバースの
世界の価値観を意識した
予選的扱いだと言うこと。

奥ゆかしさとか家庭的だとか
桜が似合うとか、日本人的美意識で
選ばれてこそ、ミスジャパン。
ミス・ユニバース日本予選になっている。
気のせいか。

カンヌで賞をとった映画やCMが必ず
日本で面白いわけじゃないのと似ている。

ミスジャパンに応募しようと思う性格の
私ってキレイという思い込みが強い女性よりは、
ミス毛布くらいの野心の少ない女性のほうが
きれいだと思う。

そして、
ミスユニバースに選ばれたからと言って、
ミス毛布になれるとは限らない。

ミス・ユニバースで選ばれたのは世界の美で、
日本の美ではない気がする。

TSUBAKIのCMに出そうな気がして不安だ。
日本の女性は美しい。に含まれるいい切る自信とか、
なんか文句ある?っていう態度が
ミスコンの存在と合致するから。
趣味悪いから、やめといたほうがいい。

カズだって言ってるだろう。
「世界、世界って…日本だって、世界じゃねえか!」
まだ外国人になりたい日本人がいるのか。

Im20070529nn000y68629052007

もう日本人じゃないだろう。この人は。

Kurarachibana

この人は去年2位。
日本の美をはき違えている外国人に
効果的なアピール。
ひと目で世界大会のレベルが伺い知れる。
その意気は買うが、
国内では「くの一忍法帳」レベル。
Vシネに出たいのか。

外国を喜ばせる美ならいらん。
編集長の嫁のほうがよっぽどいいんじゃないか。
大げさか。

text by 副編


| | コメント (2) | トラックバック (5)

2007年6月15日 (金)

愛媛12番目の選手「カラカミ」

コンサの連勝を止めたのは審判だった。

愛媛のモレノ唐紙は、前半37分にDF西沢淳二(33)に愛媛選手のチャンスを潰したとして2枚目のイエローを与え、自身が得意とする合わせ技レッドで愛媛をもり立てた。

試合中に何度も『ストッキングを上げろ』と指示、前半から敵のイライラを誘う頭脳プレーが功を奏し、前半だけで4イエローをくり出すなど大活躍。後半に入っても誤審の勢いは止まらず、36分のDF曽田の退場を含め、前半と同じ4イエローでひとり舞台の唐紙オンステージ。

モレノ唐紙は3度目の主審で自己最多、J2ワースト2位タイとなるイエローカード8枚を記録した。札幌は9人になり、愛媛は12人の大差で勝利。試合後、2,079人の愛媛サポーターからは祝福のミカンが投げ込まれ唐紙コールがやむことはなかった。

取材に対し唐紙は、
「相手は首位『俺がなんとかしないと』と思った。
 期待に答えられて嬉しい」

と、素直に喜びを表し、背広のポケットをみかんで一杯にして夜のススキノへ消えていった。

【アシスト】     【得点】
38' 唐紙 学志 → 赤井 秀一(愛媛)
86' 唐紙 学志 → 青野 大介 (愛媛)
86' 相川 進也(札幌)

【イエローカード】
17' 唐紙 学志
37' 唐紙 学志
37' 唐紙 学志
40' 唐紙 学志
49' 唐紙 学志
64' 唐紙 学志
65' 唐紙 学志
81' 唐紙 学志

Moreno

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

民営化で郵便体操はどうなる?

6月11日、郵便局の投資信託、商品拡大。
いなかの局員に売れる知識なし。

人がいいだけでやってこれた局員が、
ノルマに追われて、なじみのバアさんを
食いものにする事件とか起きそうだ。
「おばあちゃんの貯金、増やしてあげようか」

これから数年後、安定を望むほがらかな局員は減り、
脂ぎったやり手の郵便局員があらわれると思う。
老人小口客を奪われて、信金はいくつ潰れるんだろう。
個人的には、郵便体操のあり方の行方が気になる。
あれこそ、ぬるま湯体質のまぬけシンボル。

それでも、郵便局ってブランドは10年は持つと思う。
郵便局って看板は強い。
ゆうちょって名前は売りやすいよ。
でも、ゆうちょだからって
投資信託が安心なわけはない。
でも、なんでも屋になったらつぶれる気がするんだが。
Yubinkaisyu

憂貯である。
text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月12日 (火)

妙齢ファンデーション的造語

「アデージョ」という言葉を覚える。
もう数年前につくられた造語らしい。

女性ファション誌「NIKITA」が編み出した
30代超の若くない女性の自尊心を
塗り固めるファンデーションのような言葉。
艶女と書き、アデージョと読む。あほか。

キーワードは「貫禄」「お金」「自立」
「テクニック(お洒落)」などなど。
音楽用語「アダージョ」の言葉の匂いも
意識しているのかもしれん。

つまりロリータの反対語と捉えていいのか。

「NIKITA」は「若さでなく、テクニックで
モテる大人の女”艶女”がコンセプト」
らしいよ。
本気なのか、からかっているのか、
いまいち真意がつかめない。

なぜなら、アデージョと聞いても、
ペタジーニの嫁「オルガ夫人」しか
思い出せないからだが。

貫禄、お金、自立、テクニックか‥。

Adegio

じゃあ、落合信子はどうだ。
すごくアデージョだと思うが。

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

ジュリアナという過去の意味

こっそりブログ再開。
一時アクセス数が異常で、
何が起こったのかわからずに畏縮。
メモ程度に更新して参ります。
編集長いままでスミマセン。
生きてたらコメントよろしく。

さて、コムスン会長の件。

ズルしてピンチのコムスン折口が報道される時、
「ジュリアナの仕掛人」という説明がしつこい。
ジュリアナは罪じゃないのに、悪事の後に聞くと、
悪いやつに見えてくるから不思議だ。
倫理観を疑うための一斉攻撃の合図みたい。
なんか、のせられるのがバカらしい。
ジュリアナを始めるようなやつだから、
という目線をつくろうとする意図がベタすぎる。
しゃべる時と場所が違えば武勇伝なのに。
事件の後に人格をラベリングするのは汚いね。

パチスロに通いつづけて学校に行かなかった奴、
でも、立派に今は働いている。

って、言うのと、

今はちゃんと働いてるけど、
昔はスロにハマって卒業も棒にふった
どーしようもない奴。

って、ほんとは同じ意味だから。

一世を風靡した経歴が
いまや仇になっているという点では、
コムスンの会長が、なぜか飯島愛とだぶる。

Origuchi

会長、額もピンチです!

text by 副編

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »