« 夕刊にグレート小鹿!道新の心意気 | トップページ | 品名フェイント「分解茶」の悪質 »

2007年6月18日 (月)

夕刊にグレート小鹿!その2

夕刊で「ボボ・ブラジル」という文字を読むと
とても不思議な気持ちがした。

ますます小鹿は絶好調である。

6月18日の夕刊も楽しかった。

北海道洞爺湖サミット
「子供に夢と希望を」
という記事のすぐ横に

「ロスでタイトル総なめ」
というタイトルが踊る。
さらに、

「トップヒールとして
 ミル・マスカラス(左)と
 死闘を繰り広げる私」 

というキャプション付きの写真。
そして、

「マスカラスの目に、
 隠し持った塩をすり込んで、
 たった12秒でフォール勝ちさ。」

と、原稿も当然のように極悪非道。
小鹿は、夕刊の中心でヒールを叫ぶ。
明日も楽しみである。

話題としては猪木がようやく出てきたが、
まだまだマニアックだ。

新聞という公的な世界で
知っている人しか分からない
内的な世界を見つけると、
ふだんとは比べ物にならない
笑いや情感が沸き起こってくる。

「吉村道明」という名を
ずいぶんひさしぶりに見つけて、
はじめて道新の夕刊で、胸がつまった。

おやじの好きだったレスラーである。

text by 副編

|

« 夕刊にグレート小鹿!道新の心意気 | トップページ | 品名フェイント「分解茶」の悪質 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/15484289

この記事へのトラックバック一覧です: 夕刊にグレート小鹿!その2:

« 夕刊にグレート小鹿!道新の心意気 | トップページ | 品名フェイント「分解茶」の悪質 »