« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月23日 (月)

つまんない日記についての日記

Nakata

日記は精神衛生上、よくないと聞いた。

確かに毎日ブログ日記を書いて、ある時ふりかえって、自分が総体的につまらないことに幻滅したり、また内面を毎日みつめたりするのは、きついと思う。深く考えなくてもいいことは、深く考えないほうがいいと思う。そんなに毎日、なんか起きる人間なんていない。たいていの人は、自分が大したもんじゃないと気づくだろう。

それは、すべての個人ブログに言えることだと思う。

例えば、ニュースのブログを始めるとする。新聞やテレビやブログ等の情報をリライトするわけだが、そこに記事を選ぶという行為がある限り、個人的感情が現れてて、やはりそれも広い意味での日記であると思う。共感してもらいたい、人にみせるためのものであるかぎり、個人ブログは日記的ナルシズムについて確信犯であることから逃れられない。

それでも、なんのちゅうちょもないく、内面をさらしたがる人もいる。本当の自分にそんなに自信があるのだろうか。そこがわからん。中田のヒデさんくらいになると、わかる。ヒデさんクラスになれば、自信とそこからくる自己陶酔は当然だ。俺伝説、俺物語、俺史を書いているつもりだろう。

中田ヒデ「俺、自分探しの旅に出ます」の件は、いちいち言う必要がないところに意味がある。勝手に行けよ、黙って行けよ、と聞いてるほう(俺)は思うのだが、中田にとっては言うことが大事なのだ。俺は「自分探しの旅に出ます」と宣言しておかなきゃなんないヒーローですよ、という世間への申請書なわけだ。俺は受理の仕方を間違えてしまったが。

逆に「日々他愛もないことを綴っています」と紹介するブログがあるが、自ら「つまらないですよ、私」と言う意味はなんなんだろう、と思う。やはり「他愛もないことを綴る自分」を表現したいからだと思うし、何か逆に中田ヒデよりねじくれたナルシズムを感じる。

考えすぎか。

そう。
日記がよくないのは、考えすぎることだ。
日記にのめりこみ、書きすぎると、心が疲弊する。
なので、日記について批評的な立場から日記を書いていく日記を、ちょくちょくつけて行こうと思う。

やっぱり。
ブログは、自分語りスパイラル。あれもこれも、結局は自分語りになるというジレンマに、悩まされている人は結構いると思うのだが、どうだろう。そして、どうすればいいのだろう。

Eisaku

栄作さんなら、答えを知っているかもしれない。

text by 副編


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

単独首位!単独首位!単独首位!

単独首位!札幌を地獄の底へ突き落とした柱谷哲二の目の前に見せつける単独首位!ラモスも顔色失う単独首位!あぶなげありすぎの単独首位!今年こそ、と思わずにはいられない単独首位!何年ぶりかと思い出すのも難しい単独首位!オーオーオー札幌、単独首位!何と言っても単独首位!今夜は酒宴です。

コンサドーレ札幌 4 vs 3 東京V

前半2分 曽田(札幌)
前半10分 ダヴィ(札幌)
前半16分 藤田(札幌)
前半25分 金澤(東京)
後半11分 フッキ(東京)
後半14分 金澤(東京)
後半19分 ダヴィ(札幌)

今年は、夢みてもいいんですか。

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

銃撃事件とラオウの涙

Tsuya

18日、夜に身内や関係者のみで長崎市長の通夜が行われた。


Raoh2

18日、高野山東京別院において、ラオウ昇魂式が行われた。

18日の新聞を開くと、バージニア工科大の銃乱射事件で悲しみに暮れるものあり、長崎市長の死を悼むものあり、ラオウ昇魂式にかけつける3000人のバカあり。映画のための商魂式は、不謹慎の塊と化していた。

「今日はここに来るべきだと思った。あと、安らかにという言葉を掛けたいと思ったんです」

これは昇魂式にきたファンの言葉。それは今、ラオウではなく長崎市長に捧げるべきである。

映画でラオウの声優を務める宇梶剛士は「自分の生き方を貫こうとしても立ち止まった時があった。その時にあなたの生き方に励まされた。僕はいつも一期一会を大切にし、その時のベストを尽くしたい。あなたの生き方はまさに僕の行き方と一致していた」と力強く述べた。力強くバカである。空気読め。

 市長の死を悼むように長崎の街は雨だった。東京の昇魂式の日も雨だったが、バカなやつらよ、というラオウの涙に違いない。
Raoh

今これやっちゃいかんだろ。
せめて延期しろよ。

text by 副編

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »