« 江川卓の巨人近視は手後れか | トップページ | 現実逃避の満員策!コンサOB戦 »

2006年9月14日 (木)

編集長の北海道旅日記①

Hokkaido_01_1

8月25日 
●出発

出発は14時の便。
ケチって格安のツアーにしたため、微妙な時間の出発になってしまった。
札幌に到着するころにはすでに夕暮れだが、まあ良い。今回は四泊五日の旅。時間には余裕があるのだ。
荷造りを済ませ、連れ合いとともに出発。
13時30分羽田着。結構ぎりぎりだ。
急いで搭乗手続きを済ませ、お土産を買っていざ出発、のはずだったが、指定された搭乗口までが異常に遠い。歩く歩道を5〜6本乗り継いでもまだ着かない。
これも格安ツアーの洗礼なのか。
決してそんなことは無かった。チケットを良く見ると、そこには私が向かっている搭乗口の番号とは微妙に違う番号が。
当然のように全力疾走で今来た道を戻る怪しい二人組。
迫りくる出発時間。遠くのほうでかすかに聞こえるアナウンス。
「最終のご案内です。ANA○○○便札幌行きは・・・」

text by 編集長

|

« 江川卓の巨人近視は手後れか | トップページ | 現実逃避の満員策!コンサOB戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

編集長」カテゴリの記事

コメント

約7ヶ月ぶりのアップですね。
久しぶりに原稿を読みましたが、
計画性がなく、あいかわらずで
うれしくなりました。
独身最後の北海道婚前旅行記、
これからも楽しみにしています。

投稿: 副編 | 2006年9月14日 (木) 午後 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/11894566

この記事へのトラックバック一覧です: 編集長の北海道旅日記①:

« 江川卓の巨人近視は手後れか | トップページ | 現実逃避の満員策!コンサOB戦 »