« 球界きってのパチンカーまもなく一軍へ | トップページ | Re.JTの「スーさん」が刺される日。 »

2005年6月14日 (火)

JTの「スーさん」が刺される日。

先日、飲みにいったら、おもしろい事件にでくわした。歩き煙草の若者集団をおじさんが笑えるくらいの殺気でにらんでいた。そのうち、若者の一人をおじさんが蹴った。結局おじさんボコられてた。それを見て、歩き煙草への風当たりもここまできたか、と思った。歩き煙草が悪ならば、おじさんのキックは正義なのか。歩き煙草と、マナーのキック。どっちをバカとするかで人間がみえてくる。

さて、JTのマナー広告。歩きタバコはいけませんとか、吸い殻を排水溝に捨てるな、だとかマナーづくりに力を入れすぎているように思う。歩きタバコの善悪に話が向きそうだけど、言いたいのはそこじゃない。「●●はよくないよ」と企業が世間にいうことは、おこがましいんじゃないってこと。正論と支持されればOKなのか。吸い殻を排水溝に捨てるのはよくないって、JTの言うことなのかな。だとしたら、なんかJTの責任って、かわいそうなくらいでかすぎる。吸い殻の清掃費用とかも負担しなきゃなんなくなりそうだ。おかしくないか?おかしくないか。

jt1

もうちょっと深く考えてみると、この広告、あざとい。排水溝にタバコ捨てるなって、当たり前のことをさりげなく言い換えている。言い換えているけど、お前ら隠してるだけだ!と遠回しに言ってるだけ。排水溝のポイ捨ては、喫煙者が知っててやってる悪いことだが、罪悪感の引きずり出しかたがやらしくないか。遠回しに正論をネチネチ言われるのは嫌なもんだ。不倫した人が逆ギレするパターンは、こういうネチネチが原因だ。ん、話がずれたか。つまり、正論でもね。正論を言いつづけることが、何かを伝えることじゃないと思う。これはポイ捨ての正当化じゃなくて、あくまでも伝え方の話なんだけど。

じゃあ、この広告。効果がないかというと、そうでもない。嫌煙者に効いてると思う。迷惑なんだからすぐやめろ!と、直接的な言い方を望んでいる世間に、そうだ!そうだ!、と後からのっかるいいチャンスを与えている感じだ。バカみたいにいうと、JTの世間からいい奴に思われたい作戦だ。ま、どこでもやってるし、それが悪いという話じゃないが。

だがJTの場合、世間からいい奴に思われようとすると、当然、今度は愛煙者から不評を買っちゃう。タバコに対する嫌悪感を助長すんな!とか、痛いとこつくなよ!それは言わない約束でしょって感じ。喫煙者は、タバコ売ってるJTから、正論言われるのはフに落ちないのではないか。この広告を家族といっしょにみると「ね、だから煙草は悪いよ、やめなさい」と小言を言われること必至。くそ、お前が変なこと言うから、やぶ蛇だ、なんて出来事に近い。JTから、嫌煙者を通して、マナーを訴えかける広告になっている。そこらへんが、あざとい。

でも、嫌煙家に味方するように見せかけて、JTは客である喫煙家に嫌われたくないから、こんどは愛煙家のための広告を打ちはじめた。それがこれ、

jt2

「スーさん」とかいう喫煙者の理想像をつくり、喫煙者っていいね、それほど悪いやつらじゃないよ、とすりこんでいく作戦だ。けれどもこれだと、愛煙家が喜んで、嫌煙家が「喫煙家を調子にのらせるな!」と怒り出すと思う。バランスとれてるようでとれてない気がする。実際、怒ってるブログもけっこうあるし。こんなに賛否両論わかれる広告ってない。JTは、嫁と姑にはさまれた大鶴義丹状態。「あなたはどっちの味方なの?」と言われたら口ごもる。この場合、喫煙家はマルシア。このたとえ、ちょっと違うか。

JTは、たぶんどっちにも怒られるのを覚悟して、うまくやっていこうとしているのだろう。努力は認めるが、ただ、そのどっちつかずな態度は問題だ。どちらとも向き合ってない不誠実さが丸出しである。しかたねーのかな。でも、こういう姿勢が状況を悪化させてるような気がする。結局は、正論のある嫌煙家は怒りやすくなるし、ネチネチとやられた喫煙家はますますストレスがたまる。こうしてマナーがどんどん厳しくなっていくような気がする。おじさんのマナーキックも支持される日も遠くない。いま、凄いぞ。ナイフもってる嫌煙家いるらしいから。そのうち、タバコ殺人がおきたら、JTもスーさんとかやってる場合じゃない。だってこのままだと、スーさん、迷惑かけてないつもりでも、刺されちゃうんだから。

MEET YOUR DELIGHT。喫煙家と禁煙家の出会いに、いま、そんなものはない。


編集長へ。
札幌では条例が制定され、八月から都心部での歩きタバコ禁止、ポイ捨て禁止となります。比べて、東京はどうですか。アメリカみたいに極論社会になっていますか。東京で、デブとスモーカーは仕事ができない、なんてイヤミ言われてませんか。いかがです?

TEXT BY 副編集長

|

« 球界きってのパチンカーまもなく一軍へ | トップページ | Re.JTの「スーさん」が刺される日。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

JTは「センスのよい広告やってること」に満足していますから、たぶん中途半端なままでしょう。「うまいこと言っただろ」というだけでご満悦。言ってることがバラバラなのに。のんきですね。

たぶん、人ごとだと思ってるから「うまいこと言ってる」余裕があるんだと思う。

JTに一番効くのは、タバコへの風当たりが、自社への風当たりだと痛感するような事件。ある日、学校から帰ってきた子どもに、泣きながら「お父さんって毒つくってるの?」とか言われるような。これは、きつい。スーさんの住めないハードボイルドな世界。


投稿: 副編 | 2005年6月17日 (金) 午後 11時42分

なかなか興味深い内容ですねぇ。
JTの中途半端ぶりには常々疑問に思ってました。世界禁煙デーで色々禁煙の動きが出てきたと思いきや、新しい銘柄のタバコを発売する。なんだかやりたいことが全然見えません。
スーさんが刺されるまでJTは中途半端な立場でいるんですかね。

投稿: cleanair | 2005年6月14日 (火) 午後 05時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/4548064

この記事へのトラックバック一覧です: JTの「スーさん」が刺される日。:

» スーさん、ペタろうに。 [たばこのあれこれ]
付箋紙ソフトである「ペタろう」にJTからスーさん版が届いた。 まぁ、JTにしては良いアイディアなんじゃないですかね。 [続きを読む]

受信: 2005年6月14日 (火) 午後 05時07分

» Re.JTの「スーさん」が刺される日。 [ゆるゆる新聞]
札幌では条例が制定され、八月から都心部での歩きタバコ禁止、ポイ捨て禁止となります [続きを読む]

受信: 2005年6月15日 (水) 午前 12時58分

» スーさんは、やさしいたばこ。J T [www.kobayou.com]
「横でたばこを  吸う時に、そっぽを  向く彼が好きだ。」  でも、愛してくれて  いるのなら、やめて  くれるんじゃない?  そっぽを向く先に、  誰かがいても、彼は  たばこを吸うのかな (上、某たばこ産業独占企業の吊り広告にケンカ売ってみました(笑)。... [続きを読む]

受信: 2005年6月30日 (木) 午前 08時06分

» 煙草を吸うな! [翻訳blog]
Ein Volk! Ein Reich! Ein Fuehrer!Nicht R [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 午前 08時05分

« 球界きってのパチンカーまもなく一軍へ | トップページ | Re.JTの「スーさん」が刺される日。 »