« 「道新VS道警」に抱く心配 | トップページ | 最近のエピソード2 »

2005年1月17日 (月)

最近のエピソード1

更新しねーのか!などと言われ続けて、数週間‥。編集長から日記的なものでも書け!ととても他力的な命令が下ったので、最近のエピソードでも。

<エピソード1 ホモの店>

ある夜。編集長と飲み屋へ。やけに長居をした。
閉店時間を過ぎていた。
マスターとの会話が長引いていた。

マスターは、十中八九ホモである。
と、編集長は以前から宣言していた。
私もそうだと思っている。
けれども、いざ本人に聞こうと思っても
たいへんな勇気が必要だった。

マスターは言う。
「僕、独身なんだよね」
唐突な話題にぞくりとした。

マスターは言う。
「ケーキ作りが好き。」
俺たちは顔を見合わせる。

マスターは言う。
「もともと新宿で仕事してたんだけど」。
「2丁目か?」俺たちは心の中で聞く。

マスターは言う。
「付き合ってる人とかいるの?」
俺たちの心臓は半鐘に変わる。

夜が更け、他の客が姿を消し、
ラストオーダーはとっくに過ぎ去り、
グラスも空になり、目は宙をさまよい、
俺たちは無口になり、煙草だけが煙をあげる。
俺はトイレに立った。逃げたと言ってもいい。

便座の上で考えた。
あのまま、話を続けていたら、
「ほんとうのこと」がわかったかもしれない。
このまま、店に居続けたら、
「知らない世界」がわかるのかもしれない。
しかし、知らなくてもいいことも
世の中にはあるはずだ。

長いトイレタイムの後、
「そろそろ、帰ります」
と唐突に言って会計をすませて、店を出た。
トイレに立っている数分間。
「知らない世界」が彼に
覆い被さったのかもしれない。
編集長は苦い顔をして、
しきりに尻をさすっていた。

text by 副編集長

|

« 「道新VS道警」に抱く心配 | トップページ | 最近のエピソード2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/2600284

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のエピソード1:

« 「道新VS道警」に抱く心配 | トップページ | 最近のエピソード2 »