« 古田敦也三段誕生 | トップページ | 丸亀→埼玉?→国立 »

2004年12月 9日 (木)

ドイツワールドカップ最終予選

対戦相手が決定しました。

・イラン
・バーレーン
・北朝鮮

はっきり言って最悪の組み合わせではないだろうか。

イラン
ダエイ、マハダビキア、カリミなど、個々の能力の高さは証明済みだが、一番の問題はアウェイ、テヘランでの戦いだろう。
以前、テヘランでの国際試合を生で観戦した金子達人氏が書いていたが、あそこの雰囲気はカンプノウでのクラシコ以上だそうだ。つまり世界一危険な雰囲気だってこと。
アウェイの戦いに慣れていない日本にはかなり厳しそうだ。
引き分け狙いが妥当だろう。

バーレーン
アジアカップでの戦いぶりを観ても、かなり強いのは間違いない。
中東のチームにありがちな守ってカウンターというスタイルを取らない攻撃的なチーム。
決定力に欠けるのが救いか。
日本も同じだけど。

北朝鮮
実力未知数。まあ、大丈夫でしょう。根拠はないけど。
それより心配なのがアウェイでの戦い。
平壌行っちゃいますか?行くしかないけど。
サッカー以外の部分でかなり注目されるのは間違いない。
無事帰ってきてくれることを願うばかり。

以上、組み合わせは最悪だけど、実力的には日本が一番であることは間違いないはず。
初戦と最終戦をホームで戦えるのも大きい。
ホームで全勝すれば、あとは2分け1敗ぐらいでも大丈夫だろう。
悪くても三位までに入ればプレーオフ進出のチャンスがあるわけだし。

text by 編集長

|

« 古田敦也三段誕生 | トップページ | 丸亀→埼玉?→国立 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58053/2210719

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツワールドカップ最終予選:

« 古田敦也三段誕生 | トップページ | 丸亀→埼玉?→国立 »