« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月22日 (水)

特報!大相撲フットサル大会

grand日本相撲協会は20日、札幌市厚別競技場で「相撲ブームを再び!2004」を開催。目玉種目のフットサル対決では、現役幕内チーム「Jイースト」と引退力士チーム「Jウエスト」が激突。水引幕のない青空のもと、厚別には満員御礼2万人が集まり、大入り袋が配られた。人気力士のはね立ち(1日興業)に観客からは北の金星(美人)たちの声援も飛んだ。

Mai「Jイースト」は横綱 朝青龍をワントップのFWに、中盤には魁皇・千代大海の両大関、DFは関脇 若の里、GKには人気沸騰の前頭 高見盛をすえた1・2・1の守備的布陣。魁皇は腰痛をおしての出場になった。監督には、北の潮理事長。対して「Jウエスト」は、曙・若乃花・武蔵丸の横綱スリートップを組み、最終ラインに舞の海、GKに寺尾という超攻撃的布陣でのぞんだ。監督は、輪島大士。年齢差を考慮して、ベンチには北尾、北陣(元関脇 麒麟児)が交替要員として控えた。レフェリーは、木村庄之助と式守伊之助がお互いにえり首を掴み合い「俺にやらせろ」ともめたが、審判長の九重親方(元横綱千代の富士)がつとめることで決着した。

chiyo現役力士たちは雪駄からスパイクに履き替え、大銀杏をゆったままユニフォームに袖を通し、ミネラルウォーターで力水をつけた。 高見盛の派手なパフォーマンスにスタンドは一 気にヒートアップ。制限時間一杯となり、水戸泉の豪快な塩まきでキックオフ。九重の笛が響き渡った。

試合は10分ハーフ。序盤は「Jイースト」の固い守りに苦しめられた。前半1分に武蔵丸が、同3分には若乃花が2本のシュートを放ちながら、幾度となくGK高見盛の好セーブに阻まれた。“東北の壁”こと、若の里にも攻撃の目を次々と摘み取られた。

しかし、前半8分。舞の海が魁皇を八艘飛びでかわしながら、左サイドに駆け上がった武蔵丸へパス。そのボールを武蔵丸がしっかり蹴り込んで、まず1点。先制点に「今年もやりました。最高に気持ちよかった」と息を弾ませながら大喜びだ。砂かぶり(最前列の観客席)では相撲協会のシンボルマーク「桜」の横断幕が揺れた。

後半、「Jウエスト」の勢いがさらに加速する。同3分、千代大海がクリアミスしたボールを舞の海が素早く奪い、すかさずシュートで2点目。同5分にも舞の海が自陣ゴール前でボールを奪うと、カウンター攻撃でドリブル1人旅。GK高見盛と1対1の場面も冷静にかわし、ダメ押しの3点目を叩き込んだ。舞の海はゴール直後、そんきょの姿勢をとり、手刀を切るパフォーマンスで「Jイースト」を挑発。

これに奮起した「Jイースト」は、主将の朝青龍がキックオフと同時に曙をボールごと電車道。こぼれたボールをひろった魁皇が鋭いシュートを放ったが、GK寺尾がジャンプ一番、好セーブ。だが九重はゴールラインをわったというゴールの判定。ここで藤島が挙手して物言い。勝負審判がセンターサークルに集まった。協議の結果は「ラインを僅かに残していた」だった。つまり行司軍配差し違えでノーゴールだ。

寺尾は喜びを爆発させ「ごっつあんです!」と九重に握手を求めると、軍配差し違えでヘソを曲げたのか、九重は無視。頭に血が登った寺尾は、突っ張りをかますが、九重には効かない。「あぶ‥」と錦島親方(元前頭 敷島)が呟いたが遅かった。次の瞬間、九重は寺尾の右突き手をたぐり、後ろに回り吊り上げて豪快にピッチの外へ落とした。

taka「負けてらんねえ。見てろ、暴れて暴れて暴れまくってやる。楽しくやろうぜ!」と、突然テンションをあげたのは貴乃花親方。謎の整体師 冨田多四郎が「行け!」と背中をはたくと、弾かれたようにピッチへ飛び出した。景子さんの「やめて!」という声は届かない。続いて奮起したのは大乃国。「俺だって、横綱!」と声を荒げて疾走。初代・若乃花(先代二子山親方)は落ち着いたもので「土俵の怪我は土俵の砂で直していくんですよ」と達観。大鵬も席を動かず「力士はバカであれ!」を連呼。元横綱たちは日頃のうっぷんを晴らすかのようにピッチになだれ込んだ。

asashio元横綱キラー朝潮こと高砂親方は輪島、三重ノ海、九重をゴールネットに投げ飛ばし、「ゴール!」と叫びながら、ひきしまったお腹を見せてアピール。 「止めましょうよ」とひとりオロオロする花田勝に「そんなことだからアメフトもパッとしねえんだ」と言い放ち「人生土俵際め!出てけ」と花田の人生もろとも釣り落とした。木村庄之助と式守伊之助は軍配を振り回し、狂ったように「ハッキヨイ!ハッキヨイ!」と喚きながら乱舞。観客席では発煙筒が焚かれ大混乱。ゲームは収拾がつかないままタイムアップとなった。大の字に倒れた九重は、息をはずませながら青空に向かって「体力の限界!」と叫んだ後、長い笛を吹いた。

3対0の完勝に輪島監督は「今日は楽しかったよ」と振り返り、「現役力士たちもうちょっと頑張ってほしいね」と胸を張った。主将の麒麟児も「今年最後の試合がいい結果で終わることができ、みんなの応援に応えられてよかった。来年はもっと欲を持って勝ち上がっていきたい」と力強く宣言。すでに次を見据えていた。

text by 太郎
※フィクションです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月19日 (日)

京セラ。長渕ケータイで自爆。

しゃあらららららぁ♪しゃあらららららぁ♪金色のライオン〜♪raionというわけで、大事件である。何がって、京セラのCMだ。同CMには、唐突に全速力で駆ける金髪マッチョが登場。あ、長渕だ!と気づいた若者たちがケータイで連絡。次第に人の群れができ、最高にハイな長渕を追いかけてスロープを上り詰めると突如ライブステージが現れ、青空の下でシークレットライブが始まる——という長渕人気絶頂という素晴らしく虚構なストーリー。

まず驚くべきは、「剛」という名に相応しく極しん空手で鍛え上げた筋骨隆々の肉体である。久々に長渕をみた視聴者はさぞ肝をつぶしたであろう。別人の鉄人ぶり。長年、長渕のモノマネで食ってきた芸人は、今後、肉体改造を視野に入れなければならない。「今の長渕」を語るときに、「筋肉」は欠かせない。金髪、筋肉、疾走‥「金色のライオン」は長渕自身なのであるのね。nagabuchi

次に驚くべきは、歌である。カレン・カーペンターが歌う「イエスタディワンスモア」、ブルーハーツ(失礼ハイロウズ)が歌う「日曜日よりの使者」、どちらも「シャララララ〜」と歌うわけだが、長渕のそれとは雲泥の差。カレンの「シャララララ〜」を小川のせせらぎに例えるならば、長渕の「しゃあらららららあ」は立ち小便であろう。あんなに汚い「しゃららあ」は前代未聞。金色の小便〜♪と歌ったら長渕ファンに袋だたきに合うのだろうか。

そして、最後に驚くべきは、これが、ケータイのCMということ。長渕のPVではないのだ。歌詞とも、長渕とも、筋肉とも、京セラのケータイのつながりは見いだせない。悲しいことに、この『A1403K』というカワイイケータイは「長渕ケータイ」として記憶に焼きつけられる。ケータイを作ったデザイナーはどういう気持ちであのCMを見ているのだろう。

もはや、このCMのターゲットなんて見えない。長渕ファンがキュートなケータイを持つはずがない。極しん選手にも似合うわけがない。ましてやイマドキの若者が長渕の薦めるケータイに手を出すだろうか。少なくとも私は「長渕ケータイ」はいらない。京セラは「人気歌手」の一言で長渕を認識しているのだろうか。「大麻」「不倫」「極心」「筋肉」「清原」‥長渕に関わるこれらの言葉を知っていたら、起用なんてできないのに。京セラ社長は長渕信者なんだろう、と納得するしかない。

唯一の救いは、CMの最後を締めるコピーである。keitai

「そうくるか、京セラ!」

これは、キャスティングに対する消費者の驚きの声でもあり、CM制作者の憤慨の声である。「こんなにカワイイケータイに長渕起用」というどうしようもない不条理に対する、CM制作者達の反逆だと想う。京セラはこのコピーに、「意外性」というコンセプトで長渕を使い続けるという無茶を、世間に納得させようとしているのである。だれも、納得なんてしないが、言うことで、京セラ自身、心に折り合いをつけているのだと想う。

京セラは2005年の9月まで一年間、長渕を使い続けるそうである。長渕を使い続けるイコール「そうくるか、京セラ」の連続である。長く凄まじい自己呪縛。長渕剛を一年間、企業イメージにするということが、どういうことか思い知るがいい。しゃあらららららぁ♪京セラブランド崩壊の序曲が聞こえてくる。次回作が恐ろしく楽しみである。

text by 副編集長

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004年12月18日 (土)

1000HIT達成!

ゆるゆる新聞が念願の1000HITを達成しました!
これもひとえに皆さんの応援のおかげです・・・って、半分以上は自分が踏んでるはず。
本日の記念すべき切り番ゲットも私。
昨日の夕方、このページを開いてみるとカウンター999。思わずリロードしてしまいました(笑
そういうわけで、特に書くことも無かったわけで、、、今後とも『ゆるゆる新聞』をよろしくお願いします。

そうそう。明日は待ちに待った天皇杯順々決勝、丸亀決戦!
Road To 元日
ガンバレッ!!

text by 編集長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月14日 (火)

丸亀→埼玉?→国立

2004_12_14
やってくれました。
コンサドーレが天皇杯ベスト8!
J2最下位のコンサドーレが天皇杯ベスト8!
優勝賞金一億円!

契約更改で誰もサインしない理由がわかったよ。
これに賭けてたのね。
優勝したら一億円山分けだってさ。

しかしま~、リーグ戦44試合で5勝しか出来なかったチームが、一発勝負のトーナメント戦でよくぞ3連勝も出来たもんだ。しかもJ1に2連勝。

こーなったら本気で丸亀行きたくなってきた。
http://www.jaltravel-h.com/sp/consadole/consa01.html
受付終了・・・ガクッ。
ホームゲーム丸亀なんかでやるんじゃねーよ。アホか。
何のためにドーム作ったんだよ。
まーいい。奇跡を信じよう。
ジュビロもこけることあるかもしれないし。

準決勝は、、、浦和かFC東京。
埼スタか味スタか?
首都圏ならどこでも行ってやるぞ。頼むから長居とか万博だけはやめてくれ。
埼スタでレッズ叩いたら、、、最高だな。泣けてくるな。

いずれにしても、あと二勝で元旦。
天皇杯決勝。

夢のファイナル進出。

text by 編集長

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年12月 9日 (木)

ドイツワールドカップ最終予選

対戦相手が決定しました。

・イラン
・バーレーン
・北朝鮮

はっきり言って最悪の組み合わせではないだろうか。

イラン
ダエイ、マハダビキア、カリミなど、個々の能力の高さは証明済みだが、一番の問題はアウェイ、テヘランでの戦いだろう。
以前、テヘランでの国際試合を生で観戦した金子達人氏が書いていたが、あそこの雰囲気はカンプノウでのクラシコ以上だそうだ。つまり世界一危険な雰囲気だってこと。
アウェイの戦いに慣れていない日本にはかなり厳しそうだ。
引き分け狙いが妥当だろう。

バーレーン
アジアカップでの戦いぶりを観ても、かなり強いのは間違いない。
中東のチームにありがちな守ってカウンターというスタイルを取らない攻撃的なチーム。
決定力に欠けるのが救いか。
日本も同じだけど。

北朝鮮
実力未知数。まあ、大丈夫でしょう。根拠はないけど。
それより心配なのがアウェイでの戦い。
平壌行っちゃいますか?行くしかないけど。
サッカー以外の部分でかなり注目されるのは間違いない。
無事帰ってきてくれることを願うばかり。

以上、組み合わせは最悪だけど、実力的には日本が一番であることは間違いないはず。
初戦と最終戦をホームで戦えるのも大きい。
ホームで全勝すれば、あとは2分け1敗ぐらいでも大丈夫だろう。
悪くても三位までに入ればプレーオフ進出のチャンスがあるわけだし。

text by 編集長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 2日 (木)

古田敦也三段誕生

furuta01.jpg
左から古田敦也選手、中原誠会長、田中寅彦九段

熱心な将棋愛好家として知られるヤクルトの古田敦也選手が先日、日本将棋連盟から三段免状を授与された。

いきなり将棋の話題を持ち出して恐縮であるが、私、編集長の趣味は将棋とサッカーである。
今後も将棋の話題について触れてしまう予定なのでそこのところよろしくお願いします。
余談だが、古田夫人の中井美穂さんも、初段の免状を持っているそうだ。
さらに余談だが、プロ野球関係者の免状の最高段位は長嶋茂雄氏の五段だそうだ。
ちなみに私の棋力は初段である。

furuta02.jpg
将棋盤の前に座ってもまったく違和感の無い男。
っていうか本当に強そう・・・

text by 編集長

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »