« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月26日 (金)

サッカーをする生物「久保竜」

私は、久保竜を見ると、ひいきのラーメン屋を思い出す。
j1_06.jpg
そこは、たぶん何十年もやっている。本棚にタイガーマスクの一巻がある。店主のおっさんは、とんでもなく無愛想である。ほぼしゃべらない。おっさんは注文を聞いてるんだか聞いてないんだかわからん様にみえて、黙々としかし確実に、調理をはじめる。いきなりのそっと近づいてくる。無言でラーメンを置く。私はそれを食う。おっさんは料理を続ける。そんな無口の関係が、たまらなくラクでいい。逆に言えば、お店等で話しかけられる関係に疲れている。洋服屋で店員が近寄ってくると、うんざりするように。

私はこのおっさんと久保竜は似ている、と思う。口数が少ない奴は信用できる、なんて話ではない。久保とおっさんの共通の魅力は「なんの理由もなしにそうなっている」ことだと思う。鳥が歌うように、魚が泳ぐように、おっさんはラーメンをつくり、久保はサッカーをしている。ように思える。NAKATAのように、ディオールのサングラスで気どることもない。中村俊輔のようにカッコ良く写真にうつろうと背伸びする見栄もない。サッカーで稼いで、メシを食う。そんだけ。サッカーに必要のないことをしてない。生物としての営みは、いたってシンプルだ。

久保のメディアでのコメントがつたないのも、必要だと思ってないからだと思う。そんな舞台で戦っちゃいない。小学校の頃「野球選手になるから、宿題は必要ない」と親に言い切った友だちがいたが、それと同じ。それをガキの頃から続けてこられる奴は希有だ。「自然体」ではあるが、中島美嘉や元ちとせがステージの上で素足になるような薄っぺらなもんではない。目的なき自然体。自分の周りの必要最低限の社会とだけ関係していればいい。と、本気で思っているはず。

いきなりまとめに入るが、私たちは、そんなやつを「天然」といって笑う。ボレーシュートを決めた後「トラップするのが面倒だったから」と言い放った。そう。その「天然」とはバラエティ番組等でよく使われる意味だ。だから、卑下することもできるし、嘲笑することも充分可能だ。だが、私は心の底から笑えなかったりする。その言葉の底に、サッカーでしか生きられない久保竜を見つけるわけだから。

<関連テキスト>

  • 「Number」はナルシズム増幅装置。
  • text by 副編集長

    | | コメント (1) | トラックバック (1)

    2004年11月25日 (木)

    TV討論会

    コンサドーレがいつも通りのふがいない内容で敗れ、J2年間最下位が決定した昨日の深夜に放送されたテレビ番組、
    『イチスポ!朝まで討論~スポーツは誰のもの』
    はなかなか面白かった。
    北海道のスポーツの現状について語り合う、ローカル版朝ナマみたいな番組。
    出演者がなかなか凄い。コンサドーレの石水副社長、元キャプテンの野々村氏、日ハムのフロントの誰か、現役の小笠原選手、そして何故か上田札幌市長。朝日新聞のスポーツ記者なんてのもいたな。
    良くぞここまで集めたものだ。ある意味ローカルオールキャスト。

    日ハムには特に興味は無いのであまり良く観ていなかったのだが、唯一の見せ場は、
    「コンサドーレと日本ハムが合併する事はできないのか?」
    と誰かに質問されていたときの日ハムフロントマンの表情。
    「オイオイ、やめてくれよ。。。」みたいな。
    そりゃそうだろう。弱くて金も無くて人気も下降線をたどる一途のチームと一緒になんかなりたくないよな。

    落ちたもんだな、コンサドーレも。厚別で二万人、札幌ドームで四万人を集めていた僅か数年前がはるか昔のようだ。
    なんて落ち込んでいたら、わけわからんおっさんに、新居と中尾の件、さらにはウィルの暴行の件まで持ち出されて、
    「ちゃんと選手の教育しろ」って言われた挙句に、
    「ファールが多すぎる、イエローカードばっか貰うな!」って怒られてるし。
    ちょっと待ておっさん!選手の素行の件とファールが多すぎる件は全然別の話だろ。あんた本当にサッカー知ってんのか?
    そもそもコンサドーレがファールが多いと言う話は嘘だからね。
    そのくせ最後に、
    「彼らの将来についてもっと真剣に考えてあげるべきだ」と来たもんだ。

    そんな中、以外にも頑張っていたのが茶髪にスーツ、裸足(たぶん)で登場の野々村氏。
    今期のチームの成績について、外人が一人もいなかった点と共に、選手個々の能力の低さを一番の原因に挙げる正直さ。この点は昨日の試合後の柳下監督のコメント、
    「いつもい言うようにラストパスの精度が低すぎる。この精度をトレーニングで上げることができないなら、できる選手を連れてくるしかない」
    と一致している。アクションサッカーとか言ってる場合ではないのだ。戦術以前の問題だと言っているのだ。

    彼が自分自身について語っていた点も見逃せない。
    「以前所属していたチームは観客が7000人ぐらいしかはいらず、プロって何なんだろう?と自答自問していた。札幌に来てプロとは何かがわかった。だからこそ早く引退してこのチームの発展のために力になろうと考えた」
    後半の部分の真意については不明だが(クビになったいう説あり)、周りの人間の発言に対して、メモを取りながら真剣に答弁する姿に、「ガンバレ野々村」と応援したくなった。いやマジで。

    最後にはJリーグ百年構想について熱く語り、新潟の成功例を出しながら地域のコミュニティー手段としてスポーツの重要性を訴え、行政の協力を上田市長に直接語りかけるアツさ。
    もうお前しかいない!頼んだぞ野々村さん。

    それに比べ、石水副社長のふがいなさはなんだ!
    チームの累積赤字について聞かれ、
    「今期は約二億円の黒字になる見通しです」
    と思わせぶりな発言をするも、よく考えてみりゃそれって、

    今野の移籍金と同じ額じゃね―か!!!

    text by 編集長

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004年11月18日 (木)

    喧嘩上等ローマ3。カサ坊、ホサれる。

    ついに、カッサーノがホサれた。11月6日、トップチームから外れた。
    cassano02.jpg
    センシ会長の娘、ロゼッラ・センシの発表「カサ坊からは会長、監督、そしてチームメイトへの尊敬の念が感じられなかった。監督が作り、クラブが承認した規律にのっとり、メンバーから外すことに決めた」

    その報を受け、レアルが動きはじめた。今回もスペインのナベツネことペレス会長主導の交渉。 オーエン獲得のときの反応「ペレスが勝手に買ってきた」がまた聞けそうな予感。モリエンテスかサムエルと交換するつもりらしい。流石、スペインの白い巨人軍。

    偶然、カサ坊とドーピング検査でいっしょになったワールドクラスの人格者ジャンフランコ・ゾラも、当然のようにカサ坊問題へふれている。「グラウンド外での行動で彼を判断し続けるのは意味がないと思う。カサ坊はまだ若く、どういった振る舞いをするべきかこれから自分で理解しなければならないだろう」。さすがゾラ。いい人ぶり全開だ。

    と、いう風に、ワールドクラスの悪童・カサ坊の問題はクライマックスにさしかかってきた。「カサ坊、ホサれる!」の発表から2週間くらい前、ローマの会長センシは暗示していた。「カサ坊をチームに残そうと思えなくなるような問題がいくつかある。金銭面ではなく、性格面の問題だ。」

    そう、性格面。地元イタリアでは、この発言をかなり掘り下げてみている。カサ坊問題を語るとき、関係者は「彼の生い立ちに原因がある」と、口をそろえて言うらしい。カサ坊の育ちは確かに悪い。父はおらず、義父が虐待。やむなく施設暮らし。そこから性格の曲がり方を想像するのはたやすい。だから親父的な監督が必要なんだよ、という結論に達する。前監督カペッロと過激に感情をぶつけあってたが、最終的にはカペッロのことを「お父さん」と呼ぶようになったことも理由にできる。

    けれどもだ。ヒネているのは、育ちのせい。グレたのは、トラウマのせい。それは、あまりにも座りのいい理由に聞こえる。にほんの少年犯罪と同じ流れ。トラウマが事件の理由であると気軽に設定する、よくある小説のよーでもある。カサ坊問題に、なんか理由をつけたいだけじゃないの。って邪知しちまう。

    現実的に、カサ坊を救えるのは兄貴分のトッティだと思う。かばってやれって、と思う。それがトッティにとっての成長にもなっているし。このままだと、カサ坊はユーベの「お父さん」のもとへ行く。それは、カサ坊にとっていいことだけど、トッティにとっては悪いことだと思う。私はどこにも言って欲しくないし、今のトッティとのビーバップ的な関係が続くことを願う。カッサーノのいないローマなんて、導火線のない爆弾だと思うから。


  • 喧嘩上等ロ−マ2。元祖悪童パヌッチ復活!

  • 喧嘩上等ローマ。トッティ先輩恐いっす。
  • text by 副編集長

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004年11月16日 (火)

    「Number」はナルシズム増幅装置。

    Number615号「日本代表インタビュー特集」を立ち読み。NumberはいっつもA代表にインタビューしてるイメージ。サッカー日本代表が今どれだけスポーツ紙にとって売れるネタであるか再認識。骨のあるつっぱったライターには悲しい風潮。同情しながら読んだ。number.jpg

    相変わらず聞くのはうまい。取材者と選手の関係が密であることを想わせる。でも持ち上げ過ぎ。中村俊輔のページのタイトル「感覚が支配する世界」って、これは笑っちゃっていいのかな。ナルシズムを少しは隠して欲しいです。これをカッコイイ!と思う感性は、少年マンガの必殺技に憧れるレベルに近い。たぶん、女の子には理解できないワールド。読んでる自分がだんだん恥ずかしくなってくる。

    鈴木のページが一番よかった。「自分語り」のクサイ印象を打ち消して、くったくのない好青年だなあ、思わせることに成功してる感。他ページを読むと、ピッチでの「試合」から雑誌での「語り」までが、お仕事になってる選手が増えている状況を思い知らされるが。それがプロなのかなあ。自信たっぷりにポーズを決める中村俊輔は、どうしてもかっこ悪いと思うけど。

    「中村俊輔は、かつて体験したことのないゾーンを駆けはじめた」なんて文が始終続くのにも辟易。選手の自意識たれ流しをますます促進している風である。そんな文体がNumber的とか、スポーツノンフィクションの型だとかされてるんだろか。「情熱大陸」と大差ないカッコつけぶり。味つけ濃すぎ。ここも笑うところかもしれない。笑わせてもらったけど。一度口でしゃべってみるとわかる。「中村俊輔は、かつて体験したことのないゾーンを駆けはじめた」。いつも普通に書いてるけど、すげえな。

    もはや、Numberはサッカーファンの純粋培養の場にみえる。ナルシズムを増幅する場を与えられても、選手が自分語りしすぎないことを祈るばかりである。日本にヒデは一人で十分。無愛想の鏡、ラスト侍・久保竜彦は大丈夫だろうけど。なにか、Numberはサッカーの「Rocking on japan」になりつつあるように思える。


    追記
    前号の日ハムの記事は良かった。文章がカッコ付けてなくて、エピソードを過剰に美化することもしてない。褒めるときにでる嫌味を慎重に丁寧に消して、じかに心に語りかけようとしてる姿勢がみえる。良かった。読んだ後、感謝したくなるほど。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2004年11月 9日 (火)

    KONISHIKIの出世術

    近頃、KONISHIKIをとんと見かけなくなった。

    正確に言うと6月半ばのスーパーテレビ以来見ていない。ま、テレビ自体あんま見る暇ないのだが。この時の題材はKONISHIKIのダイエットだった。私は、あの番組は「KONISHIKIがデブタレントを辞めた番組」と位置づけている。KONISHIKIはあの仕事で「ボクはもう、やせてもいいんだよ」という判断をくだした。やせられる・られないは別にして、この決断はなんかKONISHIKIの芸能人としての属性を変えた瞬間だったような気がする。ダバディが通訳をやめて、解説者になっていった過程の感じと似てる。
    konishiki2.gif
    通常、「やせる」という決意は、太いタレントにとって引退同然である。「大食いをしない」という表明は「デブタレントをやめる」と同義である。やせた石塚に商品価値はないし、ガリガリの内山は判別不能だし、腹八分のウガンダに未来はない。アニマル悌団のコアラもデブタレントとして生きれるくらいの太り方だったが、結婚を機に大きく方向転換して、痩せた。これはまた若干意味が違うか。

    KONISHIKIは、当初あのサイズを売り物にCM等に出てきたが、純粋なデブタレントではなかった。元力士という特殊性が「大食いをしない」「デブとしていじられた事もない」不思議な状況を作り上げていた。過剰にいじられバカにされることはなく、それはタブーだとすら思われたほどだ。KONISHIKIのズボンに人間が二人すっぽり入る、とかいう「びっくり人間的」な扱いに留まっていた。角界引退直後、サイズを誇示するだけが持ち芸のすべてだったように思う。

    スーパーテレビでKONISHIKIは妻と語っていた。
    「2人で相談しながら、体重を減らしていければと思う」
    この言葉はKONISHIKI成長の証である。テレビ内で確固たる地位を築いてきたことを表明していることに他ならない。デーブ大久保が言ったら、存在意義の消滅である。

    元大関以来、KONISHIKIが築いてきた地位ってなんだろう。外国人ならではのカタコト言葉で得た「人なつっこいKONISHIKI」。サントリーのCMでみせた「意外におちゃめなKONISHIKI」。「ココがヘンだよ日本人」で得た「国際派」という地位。同番組で外国人が暴れだすと「オマエ、ヤっちゃうよ」などと武闘派的な発言もみせた。三宅島避難住民を慰問する「人情派」な一面。さらに、ハワイアンのコンピレーションアルバムをリリースなんかしちゃう「音楽性あふれるリズミカルなKONISHIKI」。

    見事な履歴書である。できること全部やったぞ、という達成感すら読み取れる。元大関が、コンピレーションアルバムをリリース。この一見、両極端とも言える文化のクロスオーヴァーがKONISHIKIが到達した「高み」なんだろう。もう、相撲について意見を求める者などいない。それが成長だってことなんだろう。そんなKONISHIKIを誰が望んでいるのか知らないが。

    konishiki3.jpgで、今のKONISHIKIは?ということでホームページを探してみた。あったあった。師走も押し迫ってきたこの時期に、アロハシャツ一枚で笑うKONISHIKIが‥そうか、こっちに行ったのか。国際方面の強化。相撲もデブも武闘派もやめ。
    これからは、

    「ハワイの子供たちと日本の子供たちとの交流や活動を通じて、異文化体験の機会を与え、夢を持つ事や、家族を大切にする事の重要性を学ばせる機会を与える。」

    らしい。
    経歴を見事に活かした見事な方向性。競合の恐れがない領域だ。元大関「小錦」のファンは完全に「切った」と言える。「アケボノ、もっとカシコクに生きてみなよ。ボクのようにさ。」KONISHIKIはそう語りかけているようである。たぶん、そろそろ「戦争を語るKONISHIKI」とかがテレビで観れそうな予感。選挙に出るかも。ありうる。

    別にKONISHIKIの顔とかカラダとかが嫌いなわけではない。他分野に手を出して成り上がっていく様子が、あざとくてハラが立つだけ。目に見えないところで、どんどん「新しい自分」を演出して、知らないうちに肩書き変わってるKONISHIKI的な奴多いからなあ。藤井フミヤのアーティスト化とか。なんだ?フミヤートって。ま、勘違いぶりはダバディには負けるが。


    「KONISHIKI`S」
    http://www.konishiki.net/jp/

    TEXT by 副編集長

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004年11月 8日 (月)

    ココログにカウンター設置

    sidewinderさんのページを参考にしながらカウンターの設置をしてみた。
    設置は簡単にできたのだがデザインが・・・左揃えなのが痛い。
    しかしアクセス解析が利用できるのは大きいかもしれない。

    kazu.jpg
    代表落ちしてもやっぱりカズはカズだった!(from Number Web

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2004年11月 1日 (月)

    喧嘩上等ロ−マ2。元祖悪童パヌッチ復活!

    10月19日のレバークーゼン戦。パヌッチの封印がとけた。ex6.jpg1対1で折り返した後半。レバークーゼンに終止ガンガン責められ、ついにはFKからのセットプレイから逆転ゴールまで許してしまい、トッティの眉間に恐ろしい皺が寄り、チーム全体にイライラがマグマのように込み上げて、ついにローマは噴火した。

     空中戦、パヌッチのヒジ、クジノベク直撃。一発退場。
     さらに、後半40分頃。若いが上手い@デ・ロッシが背後からキック。
     またしてもクジノベク、撃沈。一発退場。
     9人のローマは、そのまま怒りを抱えて負けてった。

     まず、デ・ロッシのキックに注目したい。デ・ロッシは背後から人を蹴りあげるような奴ではなかった。過去に、インテルのFWマルティンス(だったと思う)に「アレは骨折れたな」と思えるくらいの殺人タックルをかましたことがあったが、心配して、後日電話をかけて謝ったらしい。「ホントはいい奴」タイプの不良なんである。だが、今回はあからさまに故意に蹴った。これは、近頃のローマのガラの悪さに影響されたとしか思えない。たぶんユーヴェにいたら、蹴ってない。

     そして本題、 パヌッチのヒジである。あの正確無比のエルボーは、往年の悪事を思い出させてくれた。もともと、パヌッチはカッサーノなんて足元にも及ばない札つきの不良だった。あらゆるチームで問題を起こし、だれかれかまわずケンカを売り、最後はやっぱり放出された。パヌッチにとっては「リッピ上等!デシャン上等!」だった。金八先生で言うところの「加藤優」のイメージである。古いか。

     なぜパヌッチは復活したのか。それは監督が変わったからに他ならない。カペッロの下では、パヌッチは悪の心を封印していた。私はそこに、カペッロの、顔からは読み取れない人間性を見る。たぶんカペッロは元ヤンで、だからヤンキーの気持ちがわかるんじゃないのかな。どうだろ。

     一方、世界NO.1のワルガキ・カサ坊は、10/4のインテル戦後、「インフルエンザだから」練習を拒んでいたが、無理やり練習場に連れ戻されたらしい。しかたのない奴である。デル・ネリ監督やサポーターも厳しい態度をとっている。
     メディアでもカサ坊バッシング大会がはじまっている中、ユーヴェの監督をやってるカペッロは、興味深いコメントを残している。

    「一つミスを犯すたびに責めるのは正しいやり方ではない。彼はサポートを必要とするタイプだ」

     あんだけ仲が悪そうに見えたカサ坊に対して、なんて理解のあるセリフ。これは即、街の不良に使えるセリフでもある。普通、あんなにあからさまに悪い連中、まともな監督なら手に終えない。金八でも無理だ。たぶんカペッロは、不良選手を愛しているのだと思う。「ヤンキー母校に帰る」の義家先生のように。


    追伸 
    何故、クジノベクばかり標的にされたのか。という謎は残る。


    text by 副編集長

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »