2011年3月 3日 (木)

「バクマン」は、少年ジャンプの広告ページです。

Photo

人気だというから、はじめて「バクマン」という漫画を読んだけど、ひどいな。ほんとうに人気が出てると思うと、寒気がする。

中学三年時に才能のあふれる原作と作画がコンビをくむ。才能もある。仕事場もある。彼女もいる。相方は結婚している。認め合うライバルがいる。というご都合主義のサクセスストーリーは、まあいい。漫画を描いて暮らすという、ふつうに考えても波風のない生活には、オプションをたくさんつけないとドラマにはならないだろう。こんなのは、よくあることだ。

ただ本当に気持ち悪いのは、主人公の目指してるものが、地位とか名声とか物質的価値なんである。

赤塚不二夫や鳥山明は、金や地位や名声が欲しくて漫画を描き始めたのかな。きっと、絵を描くのが好きで好きでたまらない子どもが、大人になってもあきらめずに続けてきた結果じゃないのかな。そう、思いたい。

でも、主人公はどんどん汚れていくわけである。

「アンケートで1位をとってやる」
「凄いな。バトル物なのにエコを絡めて
 社会的なアプローチもしてきている」
「あんなやつに負けたくない」
「彼女と結婚するために成功したい」

ほとんどカイジに出てくる端役レベル。
邪念の権化だ。そういう戯画なのか。
描きたいもののない作家ほど、魅力のないものはない。

漫画の裏舞台をリアルに描き出した、とかいうフレコミらしいが、少年たちの心がどんどん汚れていく姿を見せてるだけ。一貫するメッセージは「ジャンプでの成り上がり」である。こんなこと、子どもに伝えたいのか。ろくな漫画家うまれんぞ。

伝えたいことも気持ち悪いが、伝え方も匹敵するくらい気持ち悪い。

ふつう人間は、挫折があって反骨があり、苦労があって野心をもつもんなんだけど。挫折も苦労も薄味だから、子どもが欲求を夢と呼んで満たしていくだけに見える。うすっぺらさ炸裂。「バクマン」に憧れて、マンガ家目指した子どもは地獄を見るぞ。

滅多な事では休載を認めず、休載したら人気があっても打ち切られる作家。アンケート人気のプレッシャーと打ち切りの恐怖に耐え切れずに精神崩壊した作家。担当に追い込まれ漫画家を廃業した作家。躁鬱病の発作から自殺した作家。ストレスが原因で拒食症&栄養失調となり亡くなった作家。多忙を極めて離婚危機、家庭崩壊をおこした作家。病院に行く時間すら取れず執筆不能、連載終了となった作家。原作者への中傷をアナグラムして漫画に忍ばせ、その原作者にバレて、京王プラザホテルに軟禁され、各出版社や漫画家仲間宛に詫び状を書かされた作家…。

ここまでリアルな地獄を描けとは言わないが、圧倒的な「手前みそ感」を打ち消す自浄のためのジャンプ批判は必要だと思う。自社賛美の気持ち悪さが心をかすめながらも「まあ、いいか」とやり過ごそうとする、サラリーマン精神が何より醜く臭い立つ。独裁国家の検閲みたいな直しを入れるんだろな。社員教育とリクルートを兼ねた広告として見れば立派だ。

漫画家という仕事の素晴らしさを、ジャンプ編集部がどうとらえているのかが見えて幻滅する。ジャンプのダメなところを強烈に糾弾するくらいじゃないと、いくら面白くても表現としては「漫画で描く集英社のパンフ」である。

漫画家という職業を支えているのは、精神的価値だと思う。子どもが大好きなマンガと出会って、その時の感動がまだ胸の中に残っているから、漫画家を目指しているんだと思うな。少なくとも、子どもに伝えるべきは、こっちだろう。

どこかに「このページは、集英社の広告です」と書いてくれたら、楽しく読めるんだがね。

Photo_2

「アンケートか…」じゃねえよ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年3月 2日 (水)

2月の記憶がありません。

どうして1年365日の帳尻を、2月が調整しなくてはいけないのか。

誰もやりたがらないけれど、誰かがやらなければいけない仕事を押しつけられている。ついてない月だと思う。しかも、なぜだか他の月より2日短い。2月に生まれた人は、自動的に少数派に属する。本当についてないな。

ひとは生まれた季節を好きになる。というが、それは、嘘である。2月は寒いし、動きたくないし、雪つもって鬱になる。フェブラリーステークスで勝ったこともない。船橋からの刺客 フリオーソが、2着に飛びこんでくる。テンションはずるずる後退する。ツキのない月である。

「なんで2月は28日までしかないのか」

と、しんしんと雪が降る帰り道に、ふと思う。

この積年の疑問をぶつける相手は、空しいことにローマ時代のジュリアス・シーザーしかいない。シーザーは、勝手に奇数月を31日、偶数月を30日と決めた。じゃあ2月は30日だったのか、と言うとそうではない。1年が366日になるんで、2月から1日うばって29日にした。で、閏年だけ30日にした。

「どうして、2月からとるんだ」

と、思うが、当時のカレンダーは農業のための暦で、2月は1年で最後の月だった。だから、帳尻あわせの標的になったようである。

「シーザーが29日にしたのはわかる。
 じゃあ、なんで今、28日しかないのか」

という話になるが、ここにも2月の悲劇がある。

シーザーの後継者のアウグストゥスとかいう輩が「俺、8月生まれだから、8月を31日にするから」とか言い出した。で、そこから一つずつ31日の月をずらし、8月以降は偶数月が31日になった。でも、そうなると1日増やしたから、また1年が366日になってしまう。だから…

「また、2月から1日とっちゃうか」

ということになった。2月の立場は弱いな。最後の月というだけで、搾取される月。満月が再び満ちて、満月になるまで29日。28日しかない2月は、満ちることなく過ぎてゆく月。権力をもった男ふたりの気まぐれを、2055年も真に受け続けている。

あっという間に、3月である。忙しすぎて、2月の記憶がありません。今日は、心から寒い。窓みたら、また雪がふってきて、ああもうどうにでもしてくれよという感じ。こんな日は、「ほっともも」しかないのである。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月31日 (月)

優勝おめでとう!三洋電機ラグビー部

サッカーアジアカップで日本が優勝したため、翌日のラグビートップリーグ プレーオフ決勝の記事は小さい。群馬の上毛新聞だけが地元紙のプライドを見せている。

三洋電機ワイルドナイツが創部から51年、初めてトップリーグ単独制覇を成し遂げた。

三洋は、社会人時代を含めてリーグ決勝に12回進出し、11敗。95年にサントリーと引き分けで両チーム優勝となったが、トライ数で負けて日本選手権出場を逃していため、初制覇の喜びより勝ちきれない悔しさのほうが残っていた。

プレーオフ決勝の相手は、因縁のサントリーだった。試合当日の朝、三洋の飯島均監督はミーティングで歴代決勝戦の映像を選手に見せた。5分ほどの映像には、失点シーンと選手の涙だけが流れていた。

試合は、前半リーグ最多得点のサントリーに3対9とリードされるが、後半開始から新人ロック西原忠佑を投入して流れを変え、3トライを奪って逆転。サントリーは終盤、2トライで追い上げたがリーグ最少失点の三洋が5点差で逃げ切った。

ノーサイドの笛が鳴ると、真っ赤に染まる応援席が揺れた。小雪が紙吹雪のように舞い散る中、試合後のインタビューで、指導者として4度、選手として4度、決勝で涙を飲んできた飯島監督は語った。

「51年かかりました。やっと届きました」

三洋電機は4月にパナソニックの完全子会社となるため、「三洋ラグビー部」としては最初で最後の単独制覇となった。

Photo

2010年1月30日(日)

トップリーグプレーオフ決勝
三洋電機ワイルドナイツ 28—23 サントリーサンゴリアズ

(東京・秩父宮ラグビー場)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

新人市長は元SEX教団。経歴をどう生かすのか。

週刊朝日が書いてたが、あまりにも世間の扱いが小さいので、後追いしとこう。今この時期に、大スキャンダルだと思うから。

福岡の古賀市長が、節度ゼロのSEX教団「摂理」の元幹部だったことが判明した。摂理とは、ロリコン教祖 鄭明析(チョン・ミョンソク)がグループ・セックスを推進する筋金入りのカルト教団。教祖本人は、詐欺容疑、強姦容疑などでインターポールに手配されて豚箱入りになった。だが、市長もグループ・セックスに参加していたかどうかは、まだ不明。一応、脱会者だからね。

週刊朝日の記事は経歴暴露にとどまらない。市長が過去にエロ行為を信者に働いたらしい。脱会した女性信者は、記者にこう語る。

「教えにかこつけて、わいせつ行為を受けたことはショックでした」

「かこつけて」という表現が、コスずるい感じが出てていい。ヤったんだろうな。元幹部だったから搾取する側だったんだろう。身におぼえがなかったらすぐ告訴してるはず。

先日の議会では、当然「摂理の信者だったんだろ!」と、ガンガン追及された。が、「俺は騙されたんだ。それが今の原動力だ」と開き直った。でも質問が厳しくなると、市長が泣き出してしまい、答弁中断に。こうなると、調査権が行使できる百条委員会の出番だろう。それでもダメなら告訴の流れか。熱くなってきた。

古賀市長は、自民党推薦である。選挙前に身辺調べないはずがないから、十中八九はバレやしねえよという確信犯。推薦を受けて断らなかった市長も悪いが、根っこをたどると、立候補の1年前に地元に帰ってきた40男をかつぎあげて、当選させた自民が悪い。

だから、4月の統一地方選挙を前にして

「自民推薦か。こいつもカルトか?」

と、思われるのはダメージ。あんまり報道されないのはそこらへんの事情がありそう。政治家は、プロフィールの欄に「宗教歴」という項目を作るべきだと思う。特技とか趣味とかいらないよ。石原のぶてるの「少林寺拳法3段」とか無意味すぎる。それ強いのか?

Aaa

民主がひどすぎるから、こんなやつが当選する、というニュースでもある。さて、おらがまちの候補は大丈夫だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

レラカムイ北海道、崩壊のまとめ。

今だにホームページをのぞいてみると、「ホームゲームチケット販売開始!」とか言っている。その前にいろいろ説明することあるだろが。と、悪態のひとつもつきたくなるような惨状だ。このホームページは、もう「公式」でもなんでもなくなったのか。どう変化していくのか、ときどきアクセスしてみたい。レラカムイ北海道消滅の件である。

簡単に経緯をまとめてみる。

レラ「あの〜、相談なんですけど」
JBL 「レラさん、どうした?」
レラ「借金2億もあるの。給料が払えなくて。」
JBL 「JBLの年会費も2年滞納してるだろ」
レラ「年会費1000万って、高くない?」
JBL 「今さら言われても。で、どうすんのよ」
レラ「お金貸してくれたら、私がんばる」
JBL 「じゃあ、帳簿みせて」
レラ「え?いきなり監査?ダメ、やめて!」
JBL 「おまえ…借金5億近くあるじゃねえか」
レラ「ばれちゃった?」
JBL 「債権者をだましてたのか」
レラ「悪気はなかったのよ」
JBL 「………もう経営権よこせ」
レラ「ちょっと待って!中国企業に売るから」
JBL 「そうやって、借金丸投げすんのか」
レラ「もう提携したのよ。やり直しましょう!」
JBL 「5億って、かなり前から破綻状態だろ」
レラ「これで給料も年会費も払えるわ!」
JBL 「信用できるか」
レラ「中国人から1億ゲットよ!」
JBL 「遅すぎる。その時期は過ぎた」
レラ「収入源を絶たれたら返済できない…」
JBL 「それが本音だろ」
レラ「出資企業に合わす顔がないわ…」
JBL 「ちゃんと会って説明しろよ」
レラ「でも、チーム名は私に権利が…」
JBL 「もうチーム名は変えた」
レラ「じゃあ、カラダで返します…」
JBL 「汚ねえな!早くしまえ」
レラ「そういうことなら、私にも考えがあるわ」
JBL 「なんだ?」
レラ「訴えてやる」
JBL 「え?」
レラ「再建してうまくいくとして被害総額は…」
JBL 「何いってんだよ」
レラ「ざっと3億4000はもらわないとね」
JBL 「おいおい」
レラ「そもそも、このリーグは糞だったわ」
JBL 「また年会費のグチか?」
レラ「試合数が少なくて金にならない」
JBL 「企業チームのコストの問題があって」
レラ「コストって何よ!」
JBL 「企業は地元協会に運営委託する」
レラ「知ってるわよ」
JBL 「入場料も広告費も地元協会の取り分だ」
レラ「プロは入場料で食ってるのよ」
JBL 「だから試合が増えると、企業の出費になる」
レラ「企業から協会に金が流れてるのね」
JBL 「いい方は汚いけどね、その通り」
レラ「協会=JBLは企業のいいなりになるわけよね」
JBL 「今回の件は関係ないだろ」
レラ「あるわ!中国の参入に圧力かけたじゃない!」
JBL 「そんなことはない、と思う」
レラ「まったく、純粋なプロにとっては糞リーグね」
JBL 「そこを選んだのは、あんただろ」
レラ「大企業の犬め!」
JBL 「プロアマ混在だからしょうがない」
レラ「大企業に金で操られてるんだろ!」
JBL 「シー!聞こえるだろ、嘘でも言うな」
レラ「誰によ」
JBL 「トヨタさんとか、パナソニックさんとか」
レラ「金じゃなく、バスケの未来を考えなさい!」
JBL 「考えたよ。だから、出てってくれ!」

と、まあ、こんな感じの
複雑でくだらない話である。

バスケ教室とかで囲い込まれた北海道の子どもたちがかわいそうである。キャラクターのクィッキーなんて無職決定だ。体育館競技のさかんな北海道にバスケを根付かせようとした功績は認めるけど、あまりにもいろんなことが雑すぎた。ごたごたして夢を壊したレラカムイに、こっちが損害賠償を請求したいくらいである。

Photo

ゆるゆる新聞は、レラカムイ北海道を応援していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

土曜はサッカー決勝。日曜はラグビー決勝。

アジアカップ日韓戦が終わってすぐにこんなこと書くのもなんだが、ラグビーが見頃を迎えている。トップリーグ決勝に三洋電機が勝ち上がってきた。

三洋ワイルドナイツは、トップリーグを制覇したことがない。三洋は過去三シーズン連続で準優勝。プロ化前の社会人時代には、決勝戦に九度出場。しかし、どうしても決勝で敗れるというお約束があった。「二位じゃダメなんでしょうか?」という蓮舫の言葉に誰よりもムカっぱらを立てたチームだろう。

好きだったんだよなあ、三洋電機というチームが。

当時7連覇で絶対無敵の神戸製鋼に、いつもあと一歩まで行って負ける。もう少しで逆転される。三洋が神戸にどうしても競り負けるからハイパントを多用していたというエピソードが好き。それを聞いて最初は笑っていた神戸の平尾が「三洋さんも必死だったんですね」と真顔になるエピソードはさらに好き。

思い出してみると、名シーンは数え切れないくらいあることに、今さら気づく。

パナソニックの子会社になるため、三月いっぱいで三洋ラグビー部は消滅する。そんな時に、今年も決勝までやってきた。「有終の美を飾れるか!?」というやつだ。名前が変わるだけでチームは残るだろうが、三洋という名前でリーグ制覇することに、おっさんはけっこうな意味を感じてしまう。

当時の選手たちは、どういう気持ちでグラウンドを見るだろうか。

サッカーアジアカップ決勝は29日。
ラグビートップリーグ決勝は30日。
幸せな週末になりそう。

Photo

ラトゥ、くるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

友達から「KAGEROU」をもらった。

Kagerou1

誕生日プレゼントという名目で、誕生日のずっと手前に渡された。うちは、ゴミ箱ではない。ブックオフでは80円だった。80円プレゼントされたのか俺。メディア総出で作り上げた話題が最後にたどり着く浜辺が俺。空しいな。いわずと知れた水嶋ヒロこと齋藤智裕による小説である。

本は「この本はおもしろい」という売り文句で買われるものだと思っていたが、「この本を買うのがおもしろい」という売り方も出てきたんだな、と実感。出版社がボケて、テレビがふくらませて、ネットがつっこみ、消費者が笑いながら手に取るという流れ。KAGEROUは、そんな壮大な茶番劇に参加するためのチケットなんだろうな。

ほほえましく終息したブームの終わりに、アマゾンのレビューを記しておきたい。この本は、このコメントまでが作品だった。

---------------------------------------------------


字が大きくゆとりをもった文字列のおかげで目の悪い私でもスラスラ読めました。


先代のマウスパットが汚れてきたのでこの製品を購入しました。236ページもあるとは思えないほど薄っぺらく、起伏も無く、また滑りも良いのでマウス操作が凄く楽になりました。


海外の原作物は翻訳者によって内容がすっかり変わってしまうというのは、よくあることです。本作も翻訳失敗の悪例のひとつですね。本当に本作を評価するのであれば原文で読まれることをお勧めします。


今日、たまたま散弾銃で撃たれましたが、たまたま懐に入れていた「KAGEROU」のおかげで助かりました!ヒロさんは命の恩人です。


最近めっきり寒くなってきました。そこでこの本を燃やして暖をとっていたところ炎の揺らめきに「KAGEROU」を見ることができました。感動しました。おそらく筆者は本は読むだけではないということを伝えたかったのだと思います。


暖をとるとか銃弾に撃たれてとか…適当なこと書かないで!これは立派な鍋敷きです。これからの季節にぴったりです。

---------------------------------------------------

レビューも趣向をこらした名作ぞろいである。彼らレビュアーによって、この本は後生に残るものとなった。客を舞台に上げて語らせる手法は、アングラ演劇を思わせる。観客自身が主人公となってしまう『観客席』という物語をつくった寺山修司を思い出す。

「主人公はいつも俳優だけなのか?」

と、寺山修司は問いかけた。では、水嶋ヒロは何を問いかけているのか。
本をおもしろがる人まで、作品のひとつとするならば、これは「作者」と「読者」の境界線の破壊ともいえるかも知れない。

いやもしかして、誰かがこういうことを意識的に仕掛けてたのかもしれない。水嶋ヒロというバカにしか見えない俳優が、ネットを使って演劇的な虚構と現実の融合をもくろんで、日常を変える物語を世に送り出した可能性はある。

ま、そんなことありえやしないんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月12日 (水)

夕張が、おもしろくなってきた。

改めまして、あけましておめでとう。いつもストレスをお目にかけ、またそれを楽しみにしてくださってる方、ありがとう。まだまだ、くだらん煩わしいイライラに苛まれているが、ここらで小休止。

さて、夕張に動きがあった。現職の市長藤倉さんが、夕張市議に出馬することを決めた。ん?市長が市議になるのか。なんだそれ。市政や政治に直接関わったことのない人には、ずいぶんわかりにくい動きだ。

市長
「夕張再生に懸ける自分の気持ちを総括した結果、市長選に出馬しない。私が次に掲げる目標は『新しい議会づくり』で、次期市議選への出馬を決意した」

副議長
「どういうビジョンを持って、市議選に出馬するのかわからない。市長として何もできずに市議として何ができるのか疑問だ」

まわりも意図をはかりかねている。何を考えているんだ藤倉さん。敵か味方か、どっちなんだ。と現職市議や後援会や市長選に出る人たちは思ってるだろうな。

いいね。面白くなってきた。

「批判ばっかりして、お前ら市議は何してるんだ。」

という叱咤の意味での出馬だったらいいな。議員報酬はわずか18万円。もはや金だけではない男の心意気である。市長がわざわざ市議になるんだから、そこに本当の問題がありそうな気がする。見えないドロドロがあるんだろうな。

このことは、夕張市長選にも影響する動きだ。夕張にとどまることを選んだ現職の藤倉さんが、誰を支持するかで、勝負はだいたい決まっちゃうと思う。

ただ今の候補者

・東京都職員 鈴木直道氏(夕張応援職員)
・衆議院議員 飯島夕雁氏(小泉チルドレン)
・実業家 三上誠三(羽柴秀吉)

夕張はおろか北海道出身者ゼロ。
市民の目がこれ以上なく試される。

夕張は「金はないけど、愛はある」という桂楽珍のような能天気な標語を掲げているが、「金はないけど、うま味はある」という状態である。夕張でもいいから市長のイスに座りたい、夕張市長を踏み台にしてステップアップしたい、という人にはうってつけだ。

候補者みんな、夕張のためを思うなら、まずは市議に立候補してみたらどうだろうか。

Photo

追伸

編集長、年賀状ありがとうございます。アダルトなチラシと市議候補のチラシの間にはさまれて隠れてました。エロと政治に挟まれるあたり、さすがです。3枚セットで送ってきたかと思いましたよ。

「ブログ見てるよ」なんて書いてあったが、見てるだけ? あなたの軽薄かつユーモアあふれるユルユルなエピソードを期待している読者もいる。物語豊富だった独身時代を思い出して、ぜひとも一筆奮起してください。

「寒い日は、コンドーム2枚がさねにしたほうがいい」
「コンドームでバルーンアートにチャレンジしたら破裂した」
「コンドームの数が足りない、と彼女に怒られた」
「コンドーム割り勘にしてたから、さらにしぼられた」

などなど、毎回笑いながら語ってくれた日々が懐かしい。

今でもハワイでコンドーム破裂させたり、おなか壊したり、飛行機に乗り遅れたり、空港のトイレ壊したり、変な病気もらったり、わがままを繰り返したりして夫人に世話やかせてるんだろう。そろそろ近況を報告してほしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«バカのふりして自己肯定。SEIYU「KYでいこう!」